ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

最近のプロブロガーを見ていて思う私の中の「プロ」という概念

最近よく目にするプロブロガー。直近の騒動で言うと、とある女性ブロガーがプロブロガーに因縁をつけて自爆し、相手のプロブロガー(私はこの件でそのプロブロガーを初めて知った)の宣伝に寄与したという結果となったようだが、数キロ先の火事は見ていてキラキラと儚く散る夏の花火のようで関係のない私からすると楽しいのでどんどんやって頂きたいというのが私の感想である。この騒動全てを見ていたわけではないし別に肩を持つわけではないが、今回このチャレンジャーの主張はやり方や表現は別として、私も少し分かる気がするのでここに書いてみる。この騒動で私が思ったのは「プロとは一体何なのだ」という事だ。私は若い頃バンド活動をしていた。その時私が見ていた「プロ」はとてつもなく遠い手の届かない存在であり、そして技術や表現は我々一般人とはかけ離れたものであった。才能だけではない。当人の努力と運を常に最大限発揮できる人達、実力のアベレージが高い人達であった。であるから私はバンドでプロを目指さなかった。否、プロになる事を諦めた。自分はあそこまで出来ない・なれないと自覚したのだ。それが20代中頃の話、今から20年前の話である。そして周りを見ず20年間仕事のみ打ち込んで落ち着いた今、周囲を見回してみた。まず思ったのは「あれ?プロってこんなものだったかな?」ということ、それは音楽だった。ふと目にしたテレビで流れているアイドルを見ると私が思っていたアイドルとは全く異なるものであった。我々が見ていたアイドル達は10代でも歌唱力や表現力が桁外れであったが、今テレビで映し出されるアイドルにそんなものは感じない。イメージで言うと、完成されたアイドルを世に出すのではなく、フォロワーがそのアイドル達を育てるゲームのように見える。ロックバンドでもそうだ。我々が子供の頃は「こんなフレーズ100年経っても弾けねえ」というテクニカルなものから、何でこんなスゲー曲書けるんだろうセンスやべえ的なものしか我々の目の前に現れることは無かった。インターネットの普及で発信のハードルが下がっているのは理解できるが、それにしてもどうなんだろうと思うことが多い。簡単に言うと「すげーな!!!なんじゃこりゃ!!!」と思う人が消えた。年を取ったから、ということもあるんだろうが、それは昔も同じ事だろう。10代の中森明菜を見て40代のオッサンは「すげーなこの子」と思ったに違いない。と、これらを踏まえ私が思うのは、今の「プロ」は実力や才能や運というより、フォロワー(ファン)の数なんだろうなという事だ。その素材でどれだけのフォロワーを掴んでいるのか。それなら理解できる。私が思っている「プロ」はもう形が変わっている。概念が変わっているのだ。「完成されたもの」ではなく「手段で人を集める能力のあるもの」に変化している。私の目の前に今の「プロ」を置かれた時に感じるあの違和感はここにある。面白い・面白くない、すごい・すごくない、上手い・上手くないはもう関係ないのだ。だから我々はプロブロガーに「面白さ」を求めてはいけない。「プロ = 実力で金を稼ぐ人」から「プロ = 人を集めて金を稼ぐ人」と認識を変えれば何も問題は無いし違和感もない。これからは私自身が何を見て何を見ないかを常に選択していかねばならない。「プロ」と「素人」の境界線が曖昧な今、私は「今のプロ」より「カッコ良い素人」を選択して見たいし、その人達がちゃんと評価される世の中であって欲しいと思っている。

 

現場からは以上です。

 

 

私がFacebookのアカウントを消した理由

少し前まではやってたんですけどね。3年前ぐらいまでかな?やっていたと言っても実名登録して、まぁFacebookのあの独特の世界観があるじゃないですか。何て言うんでしょ。社会派気取りというか社会人とはみたいな発言だとか子供っぽさのなるべく無い投稿。元々Twitterをやっていたので何だかなぁと思いながら、まぁビジネスに繋がるかもしれんねと思いながら日々更新してたわけですよ。他愛もない事とか仕事の事とかね。で、ある日小学校の時の古い知人と繋がったわけですよ。久しぶりだね〜なんてコメントし合いながら近況を報告したり。聞くとその知人は今でも大勢の小学校の時の同級生と繋がっているらしく、その輪を広げてくれた。私は同窓会とか顔を出すタイプではないので、懐かしい懐かしいとその輪はすぐに拡大した。正直私は「面倒くさいな」としか思わなかったので、適当にコメントでハラホロヒレハレしときーのまた普段のFacebookに戻った。ある時、その中の知人からメッセージが来た。会えないかと。内心「胡散臭せえなおい」と思いながらも構わんよと回答して後日会った。何か買わされるんだろうなと思いながらも、久しぶりだし少しぐらいならまぁ良いかと思って会ったがダイレクトに金の無心だった。財布の中に7万ぐらい入ってたから返さなくて良いよとそのまま渡した。当たり前だがそれっきりである。久しぶりの私に言ってくるぐらいなんだから金貸しはもう貸さないんだろう。私のスタンスは返してくれればまた貸すし返さないならそのまま縁が切れるといういつもそういうシステムだ。これがものの見事に縁が切れるから、変に付いて回られるよりこっちの方が良い。そしてFacebookからは他の知人からも変な勧誘のメッセージが来ていたのでアカウントを消した。Facebookのあのネチャネチャとした付かず離れずの関係性・繋がりは何なんだろうか。あそこに張り付いてる奴らは本当に気味が悪い。一種の宗教臭さを私は感じる。我々にはボヤけて見えない「あるべき姿」があそこの表のタイムラインには存在し、裏側に相当するメッセージには分かりやすいほどの悪意が潜んでいる。イメージは仮面舞踏会だ。見た目は華やかで皆にこやかにしているが仮面の下ではどんな顔をしているのか分からない。大人とはそんなものなのか。いや、信頼する私の周囲の人間にあんな厭らしい生き物はいない。そうだ。見栄を張らない。よく見れば貴様らの素顔を隠すその仮面、もうボロボロじゃないか。さぁ踊れよ。何も得をしないその世界でもっと自分の生活を切り売りすればいい。私は遠慮するよ。小さな嘘をずっと吐き続けるのは疲れるんだ。私は貴様らが踊ってるのを見てるよ。皆楽しそうで良いじゃないか。仮面の下の目が笑ってないけどね。

 

 追記:タイトルが紛らわしいので変更しました。すみません。

人間に飼われたくて生まれてきたのではない

昔、今では結構当たり前に流通しているある薬品の普及について関わっていた。所謂マーケティングである。薬品といってもそんな仰々しいものじゃない。消臭剤だ。私はそれを画期的なものだと思っていた(使い方によっては今も思っている)ので、機能と特性について私がちゃんと理解し、効果的な使い方と効果的に使われる場所を模索していた。ある日、ペットショップから依頼があったのでその店に向かった。お洒落で綺麗な店だった。可愛い動物達がショーケースの中で、愛くるしい姿をこれでもかと披露していた。小さな動物達を見れば私も思わず顔がほころぶ。綺麗なショーケースとはいえ、動物からすればあのスペースはかなり狭い。担当者が来る間、私はペットシートが敷かれたあのスペースを清掃するのに使いたいんだろうな、と勝手に想像していた。これは役に立てるかもしれないなと。そこに現れた担当者に消臭剤のプレゼンと簡単なテストを行った。あれやこれやとしている内に「良いかもしれない」という思いが双方にうまれた。サンプルを置いていくからまずは使ってみて欲しいと私が切り上げようとしたその時、担当者は言った。「これを使いたいのは売り場じゃない」と。何のことか理解出来ない私をその担当者は別の場所に案内する。店のバックヤードに入り、売り場から少し離れた部屋、閉まっているそのドアの前に立った瞬間不快感が私を襲った。異臭だ。お客さんの前で嘔吐くわけにもいかず、私は嗅覚以外の感覚に集中した。開かれたドアの中は暗い。広さはどうだろう感覚的に10坪程度で、檻が何個も重なって置かれ、一気に犬の鳴き声が私の聴覚を刺激した。何匹いるんだ。90cm四方の檻に犬が何匹も押し込まれ、その檻が何十個も狭くて暗い部屋にコンテナのように積まれている。私は思った。「地獄じゃないか」と。目眩がするような異臭と頭が割れるような鳴き声の騒音。担当者は無表情で言った。「この臭いを消したいんです。」臭いを消す、技術的には可能だろう。しかし、臭いを消す前にこの環境を操作しているのは貴様ら業者だろうがと思った。薬品のことなんてどうでも良くなった私は担当者に問うた。「これはペット業界では普通の光景なんですか?」と。担当者は無言だったのか、犬の鳴き声にかき消されていたのかは分からない。それから私はペット業界に出入りするのをやめた。地獄に協力なんて出来ない。犬に罪はない。犬をあの環境・臭気から助ける意味でやってみようかとも思ったが、それは業者をも助けることとなり、臭気以外の環境がもっと劣悪になる可能性がある。ちゃんとやってる業者ももちろんあるんだろう。しかし我々が目にするのは綺麗なショーケースに並べられた愛くるしい姿だけだ。今の私はショーケースを遠目で見た時に思うのだ。あの愛くるしいキャンキャンという鳴き声は本当に愛くるしい無邪気な鳴き声なのか。助けてくれという叫び声ではないのか。あの明るくて綺麗なショーケースに入れるのはごく一部の選ばれた犬達なのだ。こんなに劣悪な場所が日本にどれだけあるのかは私は知らない。少ないのかもしれないし沢山あるのかもしれない。一つ言えるのはその環境を操作出来るのはペット業界もしくは業者側であるということだ。そんな場所ばかりではないという意見もあるだろう。だからこそ、そういう劣悪な業者を撲滅出来るのは同じ業界の者だけであると私は思う。ネットでは殺処分の話をよく聞くが、捨てられる犬について嘆くより、生まれる数を操作している業者をもっと、環境も含めて管理する必要があると思うのだ。命を創るのは神だろう。私が見たのは地獄、悪魔だったんだ。

変化を嫌う友人

私には友人が何人くらいいるだろうか。友人の定義が曖昧なので何人と数を読むのは難しいが、プライベートで友人と呼べる人間は多分それほど多くはない。親友に至ってはその数は片手で足りるほどだ。この年になると酒を飲まないというのも友人が少ない理由の一つだと思う。その数少ない友人と先日偶然バッタリ会った。久しぶりなので近況の報告がてら近くの喫茶店で二人してお茶を飲んだ。何年ぶりだろうか。多分10年以上だ。私が当時バンド活動を辞めてからは会っていない。彼もそのバンド関係の一人である。彼が当時から変化を嫌う人間なんだなと思うエピソードが一つ、我々が20代後半の時すでに知り合って10年が経過していたが1度も引越しをしなかった。引越しなど必要がなければしなくて良いのだろうが、一人暮らしで10年以上同じところに住み続けることに私は当時から変わった人だなと思っていた。私に関していえば勤め先や付き合う女性などなどで、若い頃は何回か引越しをしていたからである。やむを得ない場合も含めて環境を変えるという意味でその頃から住む場所を変えていた私とは真逆で、当時から彼は住む場所を変えなかった。そして私は聞いてみた。今どこに住んでいるのか。驚いたことにまだそこに住んでいるとの事だった。20年以上になるだろう。ユニットバス付きの6畳の狭いワンルームだったように思う。結婚はしていない。会っていないその間、仕事は何回か変わったようだ。もう一つの情報として、彼は細身の男前、ハンサムだ。服装も私なんかよりお洒落である。歳は私の二つ上、なので45歳か。若い頃はよくモテていたように記憶しているが、今はどうなんだろうか。突っ込んだ話はしなかったので聞いていないが、見た目は当時そのままだ。格好も話し方も、力なく笑う顔も。10年くらい前だろうか、私がバンド活動を辞めて仕事に打ち込んでいた時、彼から相談を受けた。借金があると。私は何点か自分が知っている過払い請求や借り換え、自己破産などの情報を彼に伝えたが良い返事はない。どうしたいのかと聞いても「分からない」と力なく笑うのみ。そして今、借金はどうしたんだと聞くと「まだ」今も少しずつ返済しているそうだ。借りたら返すのは当たり前の話であるが、今の時代、返し方の選択肢は沢山あるはずだ。しかし彼は毎月「まだ」年率何パーセントか分からない高額の利子を払い続けている。短い時間であったが、色んなことを話して驚いた。彼は当時から何も変わっていない。変わろうともしていないし、もっと言えば変わりたくないのだと思う。若いあの頃、よく一緒にナンパしたり夜遊びをよくした友人。当人からすれば年を重ねる事に細かい変化はあるんだろうが、状況を客観視すれば本当に何も変わっていない。助けてくれと言われれば助ける。しかし彼は言わない。助けようか?と問うても彼は必要ないと答えるだろう。結局は本人の変わる意思が無ければ何も変わらない。厳しい言い方をすれば、変化を嫌うなどそんなものは甘えだと私は思う。しかしそれを彼に言ったところで何になるのか。彼はこの20年、何も変わらずに生きてきた。私に出来ることとは何なんだろうか。お節介なのか、放っておくことなのか。私はこの10年、偶然出会わなければ話をすることの無かったこの友人に、この先私から連絡することは多分無いだろう。友人とは何なのか。それを考えた時、何年経っても「私から」連絡をし、そして「相手が」それを受け入れてくれた時に初めて友人関係が成立するのだと思った。と考えると、私はやはり友人が多くない。

 

 

私が知っている風俗嬢の中の人

22〜23歳くらいの時かな?当時働いていた会社のパイセンに「おい風俗行くぞ」と恫喝され、待合室に私はいた。その店の店員にパネルを渡され、嬢を選べと指示された。当時私には彼女がいたし、飲めない酒を飲まされて気分は最悪だ。エロい思考にシフトするのは不可能であった。店員に誰でも良いよと告げると部屋に案内され、ベッドだけがある狭い個室で嬢を待った。現れた嬢は身体にTATOOを纏った女性だった。私は若い頃からオッサン臭いので「気分悪いから何もしなくていいよ。話をしよう。」と言った。嬢は「?」という顔をしながらもベッドに並んで寝転び、二人で他愛のない話を始めた。当時は携帯電話が出回り始めた頃で、私もセルラーの携帯電話を持っていた。「また飯でも行こーぜー」なんて社交辞令を言いながら携帯電話の番号を交換した。そこからちょくちょく会って飯を食ったり二人でパチスロを打ったりしていた。そして会う度に少しづつ、嬢の色んな話を聞いた。私と同い年であること、当時の彼氏から暴力を受けて全身に怪我をしながら逃げてきたこと、TATOOも自分の意志ではなく当時の彼氏が嬢を私物化するために無理矢理入れさせられたこと、今もまだその彼氏が自分を探していて逃げていること。なので住むところ、働く店を転々としており、環境が変わるたびに連絡があって一緒に飯を食っていた。何も知らずにTATOOを見るとギョっとするが、中身を知るとどこにでもいる女の子と何も変わらない。いや、その辺の女の子より気遣いは出来るし常識があるし空気も読むし控えめで優しい女の子だったと思う。多分2年ぐらい、忘れた頃に連絡があって遊んでたように思う。その途中のどこかで「30歳で二人とも相手がいなかったら結婚したいね」とその子に言われた。その日暮らしみたいな生活をしていた私は、何も考えずに「そーだねー」などという軽い返事をしていたように思う。出会った当初より元気を取り戻しており、私は安心していた。その子の生活に私が踏み入ることは無かったし、もちろんその子も私に必要以上踏み込むことは無かった。数ヶ月に一回程度「うぇーいwww」と顔を合わせていた。ある日、嬢から引っ越したという連絡を貰っていたのでお祝いにケーキでも持って行ってあげようとマンションに向かった。住所は聞いていたので今で言うサプライズ的なものだ。部屋の前でピンポンを鳴らして出てくるのを待っていると、顔を強張らせた嬢が声を出さずに口の形だけで「カ・エ・レ」と私に言った。「あ、すみません!そういうの結構です!」と視線を外しながら彼女が言った後、ドアの隙間で数秒見つめあって静かにドアが閉まった。真っ白になっていた嬢の顔を思い出しながら私は思った。見つかったのか。翌日、迷惑が掛かるからもう会えないとだけ言って電話が切れた。数日モヤモヤしていたが、助けてあげないとダメだろうと思い、腕っぷしの強いパンク野郎を一人連れてマンションに行き、何でも奢ってやるから私が襲われたら助けてくれと言ってまたドアの前でピンポンを鳴らした。誰もいない。数日後もう一度行ってみたがもうここにはいないようだった。嬢とはもうそれっきりである。もう20年も前の話だ。彼女は風俗嬢というアカウントで生きていた。中の人は極々普通の女の子である。それが良いのか悪いのかは私には分からない。もしかすると最後に会ったあの時、ゴロツキに捕まったのではなく、本当に好きな人がそこに居て、私の方が邪魔者であったのかもしれない。そう思いたいし、そうであって欲しい。結局私は、何も知らないまま、最後は糸が切れるように私の目の前から消えて居なくなった。何が本当で何が嘘なのか、全て本当かもしれないし全て嘘かもしれない。最後のあの白い顔は何を伝えたかった顔なのか。私がただの勘違い能天気野郎であることを願うばかりである。私がちゃんと勘違いしたなら、この話はハッピーエンドとなるはずだ。

 

 

私という個を消し去る日

ここはどこだ。多分鳥取か広島かその辺りか。少し先に小さな村が見える。その途中、車を停めて自販機で缶コーヒーを買って飲んでる。やたらと静かなこの場所ではエンジン音すらうるさいのでエンジンを切ってシートを倒し、車内の天井を見ながらこのブログを書いている。何故私がこんなよく分からない場所で缶コーヒーを飲んでいるのか。それは一昨日の金曜日、9月の末であるが不渡りを出した。負債額は2億6千万。独立して6年。今年の頭から予定していた大きな工事がほぼ延期となり、計画が大きく方向を変えた。人手の問題で断っていた小さな工事をまた拾い集めていたがもう限界だ。全てが終わった。要するに私は逃げてきた。家族には1千万の金だけ置いて黙って出てきた。申し訳ないが今までの私という個は今日で消滅する。死ぬ事は考えていない。誰も私の事を知らない土地で、5万でも10万でもいい、金は食えるだけで構わない。中年のよそ者である私をどこかで受け入れてくれるだろうか。名前も年齢も全て消去した私を、遠くどこか小さな村で、何て言おうか、金は要らない、寝る場所と毎日1食だけ提供してくれれば何でも手伝いたいと言えば誰か話を聞いてくれるだろうか。逃げてきたなどと正直に言えば面倒に巻き込まれたくないだろうから門前払いだろうな。さぁどうしようか。さっき財布を確認したら所持金は1万3千円。さぁどうする。

 

という事を、出張に出て田舎の景色を見ると私はいつも妄想する。身体一つで何の情報もない中年はまた生きていけるのか。おかげさまでうちの会社は今また軌道に乗った。であるから上記の妄想は現実から少し離れた。周りを見渡すと同年代でボロボロの格好をした者や良いスーツを着て外車に乗り回す者、色々見え方はあるが内情は分からない。私もいつも「儲かってそうで良いですね」と言われるが当たり前のようにキツい時もある。自分で生きていくというのはそういうことなんだ。私には当たり前に毎月の給料は降ってこない。良い時は同年代より何十倍もの金を掴むことが出来る。そこで目の前の金に溺れると光の速さで地獄の入口は近付いてくるのだ。「ま、良いか」この小さな小さな判断で一寸先が闇になる。だから私はいつも最悪の事を想像し、覚悟している。金など、手に入れる方法は簡単だ。やり方さえ知っていれば誰にでも手にすることは出来る。しかしながらその金に見合う覚悟を持った人間がどれほどいるのか。ブログやらTwitterでペラペラと金の話をしている人間を見るといつも思う。お前が思うほど金は優しくない。精神を蝕み支配される前にもう少し金の事をちゃんと考えた方が良いかもしれない。私は私から金に歩み寄ること、媚を売ることなどしない。

 

私は金なんか要らない。

 

 

知識が味覚や音楽の面白さを変えた瞬間

f:id:kopelani:20170923040649j:image

私は「食」にあまり興味が無かった。好きな食べ物というと誰もが食べて美味しいと思うもの、ハンバーグやらパスタやら牛丼やラーメンといったものであった。生ハムメロン?とんでもない。もちろん食わず嫌いではなく、食べてみて「なんじゃこりゃ」と思っていた。何故こいつらは美味い美味いと食ってるのだと。高級な食い物だからどうせイキがってんだろと。こんなもん別個で食った方が美味いに決ってんだろ気持ち悪い奴らだなおいと思っていた。ハンバーグや酢豚にパイナップル、ポテトサラダにリンゴもだ。何故塩辛いものにフルーツをぶっ込んでくるんだ。あ?肉にオレンジソースだと?もういっぺん言ってみろ。シバくぞ。

そんなこんなで私は若い頃コーヒーを売らなければならない環境にあった。担当になったからにはちゃんと売らないと気がすまねぇ。バカみたいな謳い文句やら詐欺師みたいな営業トークやらストーリーは私は嫌いだ。ちゃんと売るならちゃんとコーヒーを勉強しようと思い、まずはその道のプロと友達になることから始めた。だからまぁまぁ私はコーヒーが詳しい。細かい事は端折るが、コーヒーの香り・味について、スペシャルティコーヒーについて沢山学んだ。カッピングとかもやっていた。そこで学んだのは「酸が如何に重要であるか」であった。コーヒーの美味しさの要因はそれだけではないが、酸がかなり重要なポジションにいた。そこからである。私は食べ物にもこの酸に注目し、塩分・甘さ・酸・風味などを頭で分解して味わうようになった。そこから私の味覚は変わった。酢豚にパイナップル、なるほど。生ハムメロン、なるほど。天ぷらや寿司を塩とスダチで食う奴を見てバカじゃねえのかと思っていたが、なるほど。そういう事か。そして今度は自分で塩分や酸を調整するようにもなった。美味しいと思うものが何倍にも増えたのだ。知識が私の中の「美味しいもの」を作るんだなと思った。

音楽でも同じ事を思った。何も知らないまま情報が何もないまま聴くのと、このアーティストが誰の影響を受けたのか、どんなルーツなのかを知ると格段に楽しくなる。例えば有名どころでザック・ワイルドがランディーローズ、イングヴェイがリッチーブラックモア、メタリカのジェイムズがダンジグに影響を受けていることを知って聴くと「あぁ、なるほどなー」なんて思うことが多い。知って聴くのと知らないで聴くのでは楽しさが倍増するのである。勉強するまではいかなくても「この人カッコイイなー。誰の音楽聴いてたんだろ。」なんて調べて聴いてみるのは面白いのでオススメである。そこからどんどん紐解いて行くと「え!!!この人めっちゃ良いじゃん!」みたいなアーティストに出会うことが出来る。

知る欲が無いならそれでいい。しかしながら少しその好きなことについて知識を付けるだけで何倍も何十倍も美味しくなったり楽しくなったりする。だから私は色々な事をまだまだ沢山知りたい。それは今まで見ていた目の前の退屈なものが凄く面白いものに変化する可能性があるからだ。まずは興味を持つことから始めて目の前のものをなるべく多く面白いものにしたい。