読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

自分では意識高い系だと思うんですけど実際は高くないという微妙なその辺をウロウロしてるオッサンです。41歳です。嫌われてますので取り扱いの際は用法用量を守って正しくお使いください。

ブログで稼ぐのに必死な人達の行く末は如何に


タイトルで読ませて7万円を稼いだ具体的な方法 - AI TIME

 

合宿に行ってきました!まで読んだ。まぁブログで稼ぐ人の事なんて果てしなくどうでも良いんだけど思った事が少しあったので書いてみよう。

私も広告は貼ってるんだけどね。こういう人達と私はちょっと違うなぁと思うのは、「アクセス稼ぐ為に作る文章」なのか「普通に思ってる事を書き出した文章」なのかの違いだよねぇ。別にbuzzらなくて良いし最悪広告収入なんて無くても良い。どうせ書くなら貼っといて入ってくればラッキー的なもんなんですよね。どうせなら7万円欲しい!よーし!パパ釣り記事書いて頑張っちゃうぞー!なんて思いませんね。全く。

まぁ私が思ったのはですね、うえーい写真に写ってるのって男が多いじゃないですか。ブログでそんなに頑張る暇あるなら仕事頑張れば良いのにって思ってますよね。私は。普通に。現実社会でちゃんと収入を得てそれでブログで遊んでるならまだしも、仕事では無理だからブログでみたいな思考が見えると両方バカにしてんじゃないの?なんて思っちゃいますよね。つかそんな奴は仕事もブログも無理じゃね?みたいなね。

私が仕事を真剣にやってる理由はですね、自分の立ち位置を良い所に持って行きたいのと家族に楽をさせたい、そして将来子供と仕事の話をしたいし、私の人脈や繋がりが子供のプラスになれば良いなぁなんて思ってるんですよ。だから私はうだつの上がらない大人にはなりたくない。親父すげーじゃん!助かったよ親父!って言われるように親父は頑張ってるのですよ。

で、仕事もそこそこにブログ頑張ってる人は子供に何て言うんですかね。まぁ胸張れる立ち位置の人は良いんですけど。胸張れない人達。buzzる方法とかブログで月7万稼いだ話するんですかね。どうなんでしょ。関係ないからどうでも良いんですけどね。現実社会でクサりながらブログで月10万とかの金を必死でかき集めようとしてる人達の感覚は私には理解出来ませんねぇ。

金は金だ、と割り切るなら問題ないんでしょうけど私は違うと思うなぁ。そういう人って例外なく会社を見切ってるとか言う人多いけど間違えてるよ。会社があなたを見切ってるんだよ。中途半端が一番カッコ悪いし成功なんてしないから、私は今まで通りゆるふわハゲ系のキュートなブログを書いていきたいと思います♡

 

PCデポの話で思い出したのはハウスメーカーとの長いやり取り

少し違うとは思うが思い出したので書いてみよう。話が長くなるので簡潔に書くと、これぐらいの広さで予算はウン千万だよと最初に伝えて、出来るとの事だったから2回ある契約の一つを済ませて(2回目が本契約)ウン百万円の内金払ったら、最終見積りで予算から2000万オーバーしてて、言ってる広さじゃないし(めちゃ狭い)キャンセルねと伝えたら内金返せないとか言われて長々と話し合いしたというお話。結局80%くらいは返って来たんだけどね。

 

家ってハウスメーカーの社員が建てるの?

建てないよね。下請けだよね。まぁ私も建設業の端くれだから多少は分かるけど、各メーカーの特色はあるんだろうけどそんなに無茶苦茶大差無いよね。街の工務店が建てたからってすぐ倒壊するなんて事は無い。私が思う決定的な違いは「現場管理」だね。

 

予算オーバーしてますよって何で言わないの?

普通言うよね。まぁこっちもあれが良いこれが良いって選ぶわけだから多少はしょうがないとは思うけどさすがに2000万オーバーは言うよね。安いマンション買えるじゃんね。私も工事してる時は似たような事あるけどね、お客さんから要望が出た時点で、納期とこれだけ追加ですよってお金の話はまず言う。トラブるの当たり前。

 

何で内金返せないの?

ほぼ全額返せないという話だったので、明細出しなさいと言いましたよね。商談でも色々お金掛かってるのは分かるしさ、貰った物とか打ち合わせの人件費やら交通費は引いて良いからねって伝えてね。明細見ると貰ってない図面代やら契約時の冊子(この冊子だけで50万超えてた)やら諸経費がバカ高い。全部明細出してねと再度依頼ね。まぁそんな明細出るわけないの分かってるけど。

 

そりゃまぁ引き止めるのに必死になるわな

当初の予算で出来ないんだったら話してもしょうがないじゃん。まぁでも相手もサラリーマンだしね。支店長に詰められてんでしょ?あんまり責めたら可哀想だもんね。良いよ良いよ。本社に電話するから。お客様相談係に電話して「一般的なお話をお伺いしたい」とこれまでのストーリーを話すと効果はテキメン。何でこうまで対応が違うんだよ。すげーな本社。

 

押し切られて困ってるなら本社

私みたいな人多分沢山いるんじゃないかな?こっち側が不利な駆け引きされてる人。そういう時は支店レベルじゃダメだよ。だって決め事は支店長がやってんだもん。真面目な支店長もいるんだろうけど、やはり利益や売上で必死だからね。こりゃやべーなと思ったら本社に言えばものすごく親切に対応してくれるし教えてくれる。

 

まとめ

多分ね、押し切られてる人かなりいると思うんだよね。腐るほど金持ってる人は良いんだけど、最初考えてた予算より大幅に高くなったけどしょうがないか…とか、予算は大体合ってるけど広さが全然違うじゃん…とかね。大手ハウスメーカーだからしょうがないかと思いがちなんだろうけど違うよね。今回分かったけど提案はパッケージだし営業スタイルがルーティンになってて金の感覚が完全にバカになってる。だから大手だからと言って引いたり妥協なんてしない方が良いよ。大きな買い物なんだから。納得するまでちゃんと打ち合わせした方がいい。

 

支店レベルは腐ってるなと思ったけど本社の人はお客さん側だよ、という話。

 

 

子供がいなければ多分気付けなかったこと

3歳の男の子が元気に走り回っている。贔屓目なんだろうが我が息子は3歳なりに空気をちゃんと読み、自分のものを相手に貸したりあげたり出来る優しい子だと私は思う。大きくなると私のように頑固で生意気になると思うと寂しいがそれも仕方あるまい。酒は飲まないので旨い珈琲でも啜りながら仕事の相談に乗ってやるのが私の想いであり、理想である。

そしてこの3歳の男の子と一緒に遊んでいると気付いたことがあるのだ。それは、ヒーロー物の主題歌超カッコいいじゃんである。これは小さな子供がいなければ私は気付けなかった。何かよく分からん最近のロックバンドより全然カッコいいし、子供と一緒に歌える良い曲が多いので紹介していこうと思う。ウチの子供が好きな仮面ライダーに偏るのはご了承頂きたい。

 

仮面ライダーゴースト

氣志團「我ら思う、故に我ら在り」

www.youtube.com

仮面ライダーゴーストの主題歌を歌うのは、言わずと知れた気志團である。一発で覚えられるキャッチーなメロディー。この曲で仮面ライダーの主題歌に興味を抱いた。仮面ライダーゴーストのゴーストアイコンに泣かされた親は数知れず。一つ600円くらいで安心したのも束の間、音が出るアイコンは2,000円くらいする。そのアイコンを偉人の数だけ販売し続けるバンダイはどれだけドSなんだとおもちゃ売り場で何度思ったことか。いい加減にしろバンダイ

 

仮面ライダードライブ

SOPHIA松岡充のユニット「EARNEST DRIVE」

www.youtube.com

ヴォーカルはSOPHIAの松岡さん、ドラムは元SIAM SHADEAcid Black Cherryなんかでも叩いているJun-jiさん。歌も覚えやすくて良いけどハードロックな私の聴きどころは歌の途中のテクニカルなフレーズとギターソロ。良いね。お父ちゃんやってみたけど耳コピめんどくさいから諦めちゃったよゴメンねチビ。この仮面ライダードライブでもおもちゃはかなりの数が出ていた。我々が小さな頃に見ていた仮面ライダーとは違い、一つの番組に何人ものライダーが出演する。この場合はドライブの他に仮面ライダーマッハである。ドライブは車をモチーフにしているがマッハはバイク。そしてその分だけおもちゃは増えるという寸法だ。この時も私は思っていた。いい加減にしろよバンダイ

 

仮面ライダー鎧武

鎧武乃風「JUST LIVE MORE」

www.youtube.com

声を聴けば分かるが鎧武乃風は湘南乃風が変身している。湘南乃風は私は好きではなかったがこの曲でファンになった。仮面ライダーの主題歌の中でもこの曲が一番好きかもしれない。この曲を聴いていると私も強い敵と戦えるのかもしれないと錯覚しモチベーションが上がる一曲となっているので聴いたことが無い諸君は是非聞いて頂きたいと思う。この仮面ライダー鎧武はフルーツをモチーフとしており、ここでも複数の仮面ライダーが出てくる。私ぐらいになるともうめんどくさいので「ぶどう鎧武」「オレンジ鎧武」「メロン鎧武」と呼んでいる。チビとソフビ人形で戦う場合はそう呼んでいる。おもちゃは予想通りかなりある。おい、バンダイ

 

仮面ライダーウィザード

鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー「Life is SHOW TIME」

www.youtube.com

この曲も良いね。ゴールデンボンバー鬼龍院翔さんが歌っていて超ポップ。ウチの息子も真似してかなり妖艶な声で歌っており、歌途中の掛け声で「3!2!1SHOW TOME!」という歌詞があるのだが、ウチの息子は「スリー!トゥー!ワッシャイシャイ!」というのが可愛いのでいつも一緒に歌っている。この時代はウチのチビは小さくてまだアンパンマンだったので、比較的登場ライダーは多そうだがこのライダー及びバンダイに文句はない。この時代の親御さん達、お疲れさまという感じである。

 

ニンニンジャー

大西洋平 「さぁ行け!ニンニンジャー!」

www.youtube.com

仮面ライダーではないがこの歌もかなり良い。比較的ヒーロー物はハードロック調のものが多いようだ。「やっつけちゃって!こらしめちゃって!セイ!セイ!セイ!!!」は斬新で息子と歌っていても気持ちが良い。この戦隊モノは仮面ライダーとは違い、武器の他にロボットが出てくる。忍者なので武器も種類が多く、手裏剣・ソード・ワケの分からんガマガエルの銃などの他、ロボットが出てくるのだ!!!おい!!!バンダイ!!!ロボットは大目に見るとしてあのハンバーガーみたいなアレは何だ!!!

 

ジュウオウジャー

高取ヒデアキ動物戦隊ジュウオウジャー

www.youtube.com

これも良い。昔からあるような少し懐かしいメロディー。書くこと無くなってきたからおもちゃの話をしようか。これもヤバい。動物の種類全部おもちゃにしやがるんじゃねーかと怯えるほどに新しいシリーズが出てきている。その上先ほど説明したロボットである。戦隊モノにはライダーベルトが無いからロボットである。パーツを買うと必ずこの「チョボ」は絶対次の何かに繋がる「チョボ」なんだろうなぁと考えている翌週に新しい動物がロボット化されている。おいバンダイ!!!無理やりココにコレ付けなくても良いじゃん...という小動物をロボットにするのは直ちにやめろ。なんだよジュウオウモグラって。せめて強い動物をロボットにしてくれ。その方が我々親も心に整理をつける事が出来る。

 

以上、ヒーロー物主題歌のレビューでした。

 

 

ハミチンは絶滅するのか

半ズボンから短パンと名称変更されて久しい。我々が子供の頃は約8割、いや9割と言っても過言ではなかろう。一年中半ズボンであった。半ズボンと言ってもお洒落なやつではない。ホットパンツに近いアレである。ホットなアイツである。

あの厳しい寒さの1月・2月でも、である。今そんな事をすればやれ虐待だのネグレクトだの言われるだろう。しかし我々は至って普通。寒いのは寒い。当たり前だがそれが当たり前であり、長ズボンなんてものはハイカラ甚だしいものであった。小学校高学年になって初めて、レベルアップして初めてそのアーマーを与えられるのだ。

先日ウチのチビがお洒落なバーバリーの短パンを履いているのを見てふと思ったのだ。最近あの半ズボン履いてる子いないなぁと。別にアレが機能的でも動きやすいわけでも無いから別に良いっちゃ良いんだけど今の子供はあの「ハミチン」の恥ずかしさを知らずに大人になるんだなと夕日を眺めながら思った。

 

「ハミチン」

 

あの誤魔化しようのない恥ずかしさはとんでもないものである。タマ〇キンがチョロッと出てるぐらいならまぁ笑えるが、強者になるとチン〇コが出ている。チン〇コが出ている?おい、何故気付かないのだ、チン〇コが出ているぞ斉藤、とよく思ったものだ。

あんなに面白いものが子供の世界から消える。子供の頃に、しかも半ズボンを履いたものにしか与えられないその称号、その面白いものが短パンによってかき消される。ウチのチビからの執拗なまでのカンチョーを受けながらそんな事を考えていた。

 

 

引越しの季節だね。引越し費用比較サイトを使った結果をお知らせします。

毎日30件以上電話がひっきりなしに鳴る。最初は会社の番号だけど携帯番号からも鳴る。嗚呼また鳴っている。ずっと鳴っている。こんなに引越し業者っているのか、まぁしょうがない。こちらが依頼したのだから。にしても鳴る。ずっと鳴っている。嫁ちゃんの携帯が。

説明しよう。引越しをする為に嫁ちゃんが引越しサイトをスマホで見ていて、そこで最安引越し業者を比較!概算見積りOK!などの謳い文句でそのサイトに登録したようだ。まぁそこから2件だけ見積りを頼んで後は全部断ったのだ。最終的にはテレビでもCMしてる大手に頼む事になった。見積りに来た営業がサクサクと話を進めて気持ち良かったから。やはり最後は営業だなと思いながらその営業に聞いてみた。

 

おちょい「引越しサイトに登録したら鬼のように電話掛かってくるんだけど何とかなんないの?」

営業「あぁ、あれ個人情報買ってるんですよ。サイトから。」

おちょい「マジで?つか個人情報ってそんな事して良いの?(笑)」

営業「詳しい事は分かんないっすけど、規約に書いてあるらしいっすよ(笑) あと知らないうちにお客さん同意のボタン押してますよ(笑) マジで(笑)」

おちょい「マジで?(笑) 詐欺やんけ(笑)」

営業「マジっすマジっす(笑)」

おちょい「んじゃ俺も見てみるわ(笑)」

という事で途中までサイトを見てみた。今回嫁ちゃんが利用したサイトはここだ。

 

 https://hikkoshizamurai.jp/ 


f:id:kopelani:20160816225636j:image

 

ふむふむ。怪しそうなサイトじゃないね。これじゃ嫁ちゃんが登録しちゃうのも分かるわ。架空住所入力してそのまま進んじゃおう。



f:id:kopelani:20160816225721j:image


 次へっと。



f:id:kopelani:20160816225808j:image

 

家具入力ね。



f:id:kopelani:20160816225815j:image

 

はい、ここー。青い文字クリックー。利用規約と個人情報の取り扱い。詳しく見て行きましょー。



f:id:kopelani:20160816225659j:image

 

1.の利用目的を見て要約すると、このサイトの運営会社だけじゃなくて関連会社・グループで利用すると書いてある。そして本サービスを見てみると凄いですねぇ。引越しの他に中古車やら転勤関連?キャッシング?ピアノはまぁ関係あるか。色々なグループがあるようです。そのグループで個人情報を利用してるんですね。ほうほう。



f:id:kopelani:20160816225857j:image

3.の共同利用で使いまっせと告知し、4.の第三者提供「本サービスを提供するため」に個人情報の取り扱いに定めた利用規約に同意した提携事業者に対して電子メール・サーバーアクセスにより個人情報を提供しています。だそうです。ふむふむ。

 
f:id:kopelani:20160816225914j:image

 

Cookie仕込んでまっせね。はいはい。



f:id:kopelani:20160816225927j:image

 

当グループは提携事業者とトラブっても知らんよ、自己責任ですよ、一切ワシャ知らんよっと。提携してるのに?ここは切り離すんですね。逆に言うと責任取れないような会社に個人情報使っちゃうよーってことなのかな?どうなの教えてエロい人。

 

まぁこの先でOKボタン押しちゃうと嫁ちゃんみたいに電話が鳴り止まないことになるようです。夜23時くらいでも電話鳴ってました。可哀想な嫁ちゃん。 電話鳴るたびに鬼のような顔して怒っておられます。おこです。激おこです。ぷんぷん丸です。おこなの?って聞いたら多分とばっちりで私が殴られますね。黙って嵐が過ぎるのを待ちましょう。

引越し屋の営業に聞くと、こういうサイトで「引越し先」を真面目に記入するとエライ目に遭うとの事。訪問販売が半端ないそうです。ウチは住所がまだ分からなかったので入れてなかったみたいですけど。高級学材やら高級換気扇フィルター、高級消火器屋さんからピンポン攻撃受けるみたいですね。おーこわ。提携事業者めっちゃ恐い。

どうでしょう。引越しをお考えの皆様。何社か引越しの見積り取りましたけどそんなに大差無いですよ。安い所は逆にエアコン取り付け費とか、追加が絶対発生する項目(配管延長や経年劣化による交換)をボカして話します。相手は私が設備屋なのを知らないので。逆に大手の方が細かく説明してなるべく追加が発生しないように見積りをしてくれました。あと、引越しって概算見積もりは出来ないらしいよ。トラックの空き状況と曜日でかなり金額変わるんだってさ。だから概算って謳ってる業者は気をつけた方が良いらしい。

最初の安い金額に飛びつくと、当日の支払いで痛い目を見るかも知れませんね。そしてこういう一見便利なサイトに、計り知れない闇を見ました。面倒くさがらずに一つ一つ対応した方が良さそうです。ググッたら知恵袋にも似たような相談いっぱいあったしね(笑)

 

あ、ちなみにウチの引っ越し費用ですが、WEBには平均60,000円って書いてるけど100,000円でした。ウチはかなり荷物少ないんですけどね。新しくするから白物家電一つも無いし。引っ越し代金とエアコン取り外し取り付けは別料金だからね。ウチは込みで100,000円。皆さまお気をつけて。

 

このサイトに対して少し物申すとすればですね、営業電話の時間くらいその提携事業者とやらにちゃんと縛り入れとけやという事とフェイクしまくりの個人携帯で電話してくんじゃねえって言っとけやくらいですかね。

 

まぁ何を使うのも自由ですけどね。自己責任でね。私は二度と使いませんけども(笑)

 

 

嘘なのか本当なのか判断に困る

現場開始時間まで駐車場で止まっていると、車の窓をコンコンと叩く人の良さそうな60歳くらいの男性。何やら困っているそうだ。仕事まで時間もあるのでとりあえず話を聞く。

「すんまへん、困ってまんねや。なにわナンバーの人に声掛けてまんねんけどね、いやホンマに最悪ですわ。今和歌山でラーメン食ってましてんけどね、ヒッチハイクで市内まで送ってもらう途中でやね、ちょっとタバコ買お思て車停めてもろたらそこで降りる思たんでっしゃろな、そのまま行ってしもたんですわ。鞄も財布も携帯もあらしませんねん。車の中ですわ。その人静岡に帰る言うてましてね、ヒッチハイクで追いかけたろかな思たんですけど車も捕まらへんしワシも今から岡山に行かなあきませんねん。どないしょー思て。ホンマ参っとんですわ。かなんわー。どないしょ。今から岡山ですねん。」

嘘をついてるのかどうなのか。見た目は嘘をつくような見た目ではない。どこにでもいる人の良さそうなオジサンである。しかし話を聞いてると流暢に話す割には意味が分からない。和歌山でラーメン食っててヒッチハイクで帰ってきたの?どうやって和歌山まで行ったの?静岡に帰る人がここ(岸和田より南)からわざわざ市内に行く?そんな親切な人が荷物そのままで挨拶もせずに車発進する?今から岡山に行くの?ヒッチハイクで?

という事で警察に連れてってあげようか?と一言言うとモゴモゴ言いながら「おおきに!もうちょい頑張ってみまっさ!」と何を頑張るのかよく分からんがそそくさとどっかに行った。多分嘘なんだろう。いや、困っているのは本当なのかもしれない。ただ、先ほどの話に嘘が混じっているのは確実だ。辻褄が合ってない。何をどうしたかったのかは不明だが、彼は損している。喋りすぎだ。本当に困っているのならグジャグジャと変な事を喋らずに、どこまで行ければ自分は助かるという事だけ伝えれば良い。困っているのが伝わればそこまで帰る方法を一緒に考えただろうし、2000円くらいで帰れるなら私は多分渡した。

自分を守る為に沢山喋るんだろうけどそんなものはこの場合逆効果。まぁあれだけ喋れれば他の誰かが押しに負けて乗せてあげるんだろうけどね。本当の事はあのオジサンにしか分からない。私は「嘘だ」と判断した。

 

 

ここ「はてな」でブログを始めて面白いブログって何なのかをずっと考えてたんだが

ブログについて

今日トイアンナさんの生存者バイアスの記事を読んで解放された。目から鱗が落ちた。私はずっとお金がないと嘆きながら文句ばかり垂れ流す人間に嫌悪感を抱き続けていたわけだがこれでもう終わった。そういう人間が多いからかなりのストレスだったのだがそれは自分の考え方が偏っていたのだと気付かされた。押しつけは良くないと口では言いながら、勝手に相手を判断し勝手にレッテルを貼り勝手に嫌悪し勝手にストレスを感じていたのだ。理解しようとしない相手に対して、ある種の歯がゆさや苛立ちのようなもを「勝手に」自分で感じていたのだ。言葉にはしない私の中の自己主張だったのだと猛省した。邪念が取れた分かなり頭がスッキリした。トイアンナさんありがとう。

そこで思ったのが「面白いブログ」とは何なのか。互助会云々でよく「面白い」について議論されてるけど、今日トイアンナさんの記事を読んで思ったのは、私が思う「面白いブログ」というのは「読んだら得をする」ブログなんだなと思った。ジャンルは関係ない。所謂「笑い」でもその記事を読んで、笑えれば「得をした」ことになる。逆に、その文章の中で自分が嫌いな言葉や表現があると、途端にそのブログに対して嫌悪感や損した気分になるわけだ。ブログを読む人たちは「得したくて」読んでいるし「得できる」書き手を探している。そう考えると「読んで得する」と感じるブロガーって殆どいないような気がする。「得すると見せかける」のが上手いブロガーは多いけどね。

とは言っても、私はずっと得をしたくて他の方のブログを読んでいるわけじゃない。「面白さ」についてそこだけを見てない。その人の考え方や言葉、背景、人間性(作り物可)も「面白さ」に反映される。PVとか収益はもう読むだけめんどくさいから読まない。私がそこに興味を抱いてるなら別だけどね。キーワードとか皆が興味を持つ内容を考えてるんだろうなぁと分かった時点で「スケベ心」が見えて萎える。やはり私が思うのは群れずに黙々と面白い事を書いたり読者に得をさせているブロガーがカッコいいなぁと思います。

こう考えるとブログで飯を食うなんてやはり難しいと私は思うけどね。小手先のテクニックなんて絶対長続きしない。「得」を無料でバラ撒き続けられるクリエイティブな能力。んな事出来る人はブログで飯なんて食ってないよね。

まぁ自由だからやりたきゃやりゃ良いんですけどね(笑)

もっと「面白いブログ」に出会って「得」したいです。