ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

はてなブログ

最近はてなからワードプレスに移行するみたいな記事をよく見かけてて、理由は何やらややこしいSSL?何私にはサッパリ何のことか分からない理由ではてなブロガーが出て行っている模様。まぁ別に私には関係の無い話なのでどうでも良いと言えばどうでも良いのですが、そういうブログのブコメを覗くと必ず「はてなの過疎化」という言葉が出ているのです。実際の数字に関しては私は知りませんが、私が見ている「はてなの景色」は全く変わりません。そういう方達のブログを読んでいないと言うのがその理由だと思います。はてなを始めた当初、互助会という言葉を知り「互助会」とは何だと気になったので調べたりはてな村の漫画を購入したりと色々読んではてな村の事を観察しました。理由はただ一つ「これは面白そうだ」と思った事に他ありません。その漫画に登場する人物は、それはそれは個性的で、その人達のブログを読み漁りました。感想は「すげえな」の一言。それからちょこちょこと自分のペースでブログを書き始め、3年目となりました。そして今、そういう引越しブログをチラホラ見ているわけであります。人気が出てlivedoorに引き抜かれた人達もおりましたがここではまた別のお話。そう、今、過疎ってるやらはてなはダメだと言ってる人達は収益ブロガーが殆どだなと私は見ながら思っています。この会社はもう儲かんねえからあっちの会社に転職しようと騒いでいるイメージ。出て行くのはまぁ私には関係無いので好きにすりゃ良いんですけど、ブコメでぐじゃくじゃ言ってるのを見るとあまり気分の良いものではありません。じゃあ見るなと言われそうなのでもう見ません。ブログって何なんだろうなーなんて考えてたわけですよ。広告貼るのも自由だしアフィリエイトやんのも別に悪い事じゃないと思いますが、そのブログに「金」の臭いがすると一気に読む気無くすんですよねー。もっとこっそりやって欲しいなーなんて。ショボイなーなんて。そもそもで言うなら私も広告貼ってたんですけどね。自分のブログって幾らになるんだろうなんて興味本位でね。もう外したけど。プロもやめた。今思うと、はてなを始めた頃って「金稼ぐ場所」じゃなくて「面白い場所」という認識で毎日見ててね。だから自動的に収益ブロガーのブログは見なくなったんだと思いますけども。最初に書いた通り、私の「はてなの景色」は、全く変わっていない。今まで通り「面白い場所」であれば続けるし「面白くない場所」になれば私も辞める。今はまだまだここ「はてな」は「面白い場所」なので、ここでウダウダと記事を書いていこうと思った次第であります。いつまでかは不明ですが、お付き合い頂ければと思います。別に何になりたいわけではありませんが、続けることが力だと私は思っています。よろちくび。

 

 

パワーハラスメントについて思うこと

私は色んなブラック企業(その概念は知らんが)を渡り歩いていたわけだが、一度その会社に入ってしまえば短い期間で最低5年は勤めていたので職歴はそれほど多くない。そしてブラック企業には必ずと言って良いほど寄生しているパワハラ野郎。私が勤めていた歴代の会社でもその手の人間は必ず一人はいた。しかしながら私はそのパワハラとやらを今まで一度も受けた事が無い。気にしないぜベイベーという楽観的な性格も手伝っているが、私はそういう人間に敢えて近付くという猛者なのだ。「関わらないようにする」のではなく「こちら側に巻き込む」という手法を使う。「コイツは近くに置いた方が便利だな」と思わせるのである。私は「人をよく観察する」のが癖であり、趣味だ。本当に面白い人が多い。その「観察」を武器に、相手の懐に潜り込むのがこの手法の胆である。簡単な話だ。相手に得を掴ませれば良い。手もみをしながら媚びを売るのではない。「媚びを売る」のは売られている方は分かるし決して気分の良いものではない。そういう分かりやすい態度が好きな人もいるのは確かだが、ここではそんな気持ち悪い行為の話をしない。相手に得を掴ませるといっても、営業成績をバンバンあげるとか金を渡すとかそういうものでもない。細かい事で良い。その相手をよく観察し、珈琲やたばこの銘柄、資料の内容の好みや出すタイミング、報告の仕方や時間など、そういったものをよく観察してそのままやれば良い。その本人もそうだが、そういう人間には必ず信頼している部下がいるからそいつを真似ればいい。その際、同僚やパイセンが「パワハラ野郎の腰巾着」などと揶揄されるだろうが、そういうバカは放っておいて良いし嫌われても構わない。そういう貧しい思考の輩と付き合いをする必要などない。要は気遣いである。パワハラ野郎も「生粋の鬼」ではないし、キチガイではないので無意味にキレるわけではない。そんなキチガイもいるんだろうけど、取引先を含めて私は見た事が無いし聞いたことも無い。ある程度のポストに就いてその仕事に従事しているなら、少なくとも会社側はこのパワハラ野郎について「会社側からすると得をする人物」であるはずだ。こういう人達は「損」や「手間」を渡すからキレるし、嫌われると無理難題を押し付けてくるのだ。無理に好かれる必要はない。「便利な奴」になればいい。その「便利な奴」になるには「観察」と「気遣い」が必要なのである。ここで間違ってはいけないが、そのパワハラ野郎の「便利な奴」になるこちら側の最低条件は、そのパワハラ野郎が最終的に、将来的に「自分に得を与える人物であるかどうか」である。万年係長とか主任レベルの雑魚であれば課長・部長クラスに取り入ろう。この手の雑魚はすぐ黙る。私は取引先やお客さんで、初めて会う人物であれば周囲から情報を貰って「ちょっと変わってる」とか「めっちゃ恐いよ」とか聞くとワクワクする。どうやってこちら側に巻き込もうか、どうやって相手の懐に潜り込もうか。そしてこの手の人達は一度味方につけると心強い味方になる事が多い。誰もが尻込みしているなら、では私が行こうとなる。相手は人間なのだ。我々も好き嫌いがあるように、その相手にも好き嫌いがある。何が好きなのか、それは恐いからと言って対岸から見ていても何も見えない。近付いて、最初は怒られながらもその相手をよく観察し、徐々に「便利な奴」になればいい。観察と気遣い。こんなものは誰でも出来るし金のかかる話でもない。そしてこんな生々しい・厭らしい話は自己啓発本には書いてない。今のドライな考え方の若い世代に伝わるかどうかは知らんが、私のブログの検索流入の殆どは「クソ 会社」であり「クソ 上司」である。検索でやって来た、このブログを見ているどこかの誰かが、少しだけ考え方を変えて、ほんの少しでも会社での生きやすさに繋がる事を祈る。誰もが振り返るような大きな声で笑うんだ。頑張れサラリーマン。

 

 

奥さんを悪く言うのは謙遜なんかじゃない

朝、時間のある時、幼稚園の送迎バスまで親子3人で歩く。チビを送り出して家まで奥さんと二人で並んで歩く。ほぼ毎日夜中3時に帰って7時には家を出るから、仕事ばかりで奥さんとゆっくり話してないなぁなどと考える。今日はゆっくり出勤するから喫茶店で珈琲でも飲みますか?と奥さんに聞く。奥さんはやったー!と飛び跳ねる。リスみたいにほっぺたをトーストで膨らませた奥さんを眺めながら、最近あった事、怒ったり笑ったりしてるのをふんふんと聞く。煙草をやめろ、早く帰ってこいという小言を、可愛らしい人だなぁと思いながら聞く。私はどこにでもいる汚いただのオッサンなのにねぇ。変わった人だ。今日も頑張りましょう。

我々はいつから一生懸命になる事に恥じらいを覚えるようになったのか

どれくらいからだろうか。幼稚園の頃の自分の記憶などない。小学校はどうだろうか。まだ何かをするにあたり一生懸命だったように思う。中学校。この頃はエレキギターを持ち始めたので一生懸命だった。高校生。どうだったかなぁ。情熱は完全に音楽に行ってたので一生懸命だったような気がする。しかし周囲はどうかと言われれば高校生あたりからダルい連中が増えていたような気がする。それから大人になっていくに従って、「ダルい奴」というのは常に私の周りにいた。そしてそういう連中には独特の空気があり「一生懸命はダサい」というバカにした空気があった。「何を熱なっとんねんwww」「あーしんど帰りたいわー」「必死やなwww」などなど。例に漏れず私もその空気に飲み込まれた時期はあった。ダルいのがカッコ良い。今考えるとそんなことは全くなく、私は早いうちに気付いたので環境を全て変えた。そのままダルいを突き進んだ知人は沢山いるが、今は目も当てられない。ダルそうなオッサン。そりゃダルいだろうなと思いながら近寄らないように私は見ている。ここインターネッツでもそういう空気を感じる。「楽して稼ぐ」「毎日10分で簡単に10万円」「え?まだ東京で消費してるの?」「Mac一台でどこにいても月100万稼いでユニクロのコーデ公開しちゃう」などなど。俺こんなに簡単に金稼いでんだけどwwwと「ダルい奴ら」が「ダルい空気」をバラ撒いている。その「ダルいのがカッコ良い」的な空気に飲まれてる人達が金を巻き上げられている。確かにパッと見でスマートではない「一生懸命」はカッコ悪いかもしれない。皆が寝ている夜中に作業したり、ボロボロの作業服と安全靴で軽トラをかっ飛ばしたり。しかしながら、では「誰に対して」カッコ悪いのかと言えば、そこには誰もいない。私にはカッコつけなければいけない人が目の前にいないのだ。勿論それなりの人に会う時はそれなりの格好をする。それは格好をつけるのではなく、相手に恥ずかしい思いをさせないように、相手に失礼のないようにであって、カッコつけるためではない。ここインターネッツでも「私がカッコつけないといけない人」なんていない。一生懸命と言えば、私はパンク・ハードコアのバンドを組んでいる。一般的に認知されているハードコアとはまた違うニッチなジャンルである。この年で何やってんだバカと思われてもしょうがない。変な話であるが、私は別にパンク・ハードコアが特別好きなわけではない。好きなアーティストや曲はあれど、それほど好きかと聞かれればそれほど好きではないといつも答える。では何故そんなバンドをやっているのか。パンク・ハードコアのバンドは皆一生懸命でカッコ良いのだ。ダルい奴など一人もいない。こんなにいつも客がいない、認知されていない、ライブの利益などとんでもないといったジャンルであっても、だ。客がいない客席に向かって皆これでもかとデカい音を出し、これでもかと叫び、これでもかとのたうち回る。私はパンクといったジャンルではなく、この人達の「姿勢」が好きでこの音楽に魅せられている。私が子供の頃「一生懸命」を誰に見せていたのか。それは父親と母親だ。私が一生懸命なのを見て手を叩いて喜んでくれた。その喜んだ顔を見たいからまた頑張った。今はどうだろうか。私はどこを向いているのか。私の家族であり、私に期待してくれている取引先である。私がそっちを向いていない、ダルい奴らにカッコ悪いと思われても全く構わない。私が向いている人達に、私の一生懸命を見せて喜んで貰うのが私のモチベーションであり、喜びなのだ。そして私は今日も現場にスーツで入ってズボンに穴を開けるのである。

 

 

あーセックスしてぇなぁ…

って若者が最近減っているとそこここで聞く。何が原因なのかはよく知らないが、普通に異常だなと素直に思う。同意無しに性欲を抑えられないというキチガイは抹殺撲滅撲殺すれば良いと思われるが、健全に健やかに爽やかに晴れ晴れしくセックスしたい若者はもっと増えるべきである。我々?世代はそれが、一つの何かをする時の糧となっていた。私などは超奥手、シャイで無口で下ネタを聞くだけで失神するレベルのキュートな男の子であったが「バンドを始めるきっかけは?」と問われれば「女の子とセックスしたいからです」であるし「何故お金儲けしたいのですか?」と問われれば「女の子とセックスしたいからです」であったし「今日の晩御飯は何食べたい?」と聞かれれば「女の子とセックスしたいです」と答えていた。断っておくが私はキチガイではない。若さ故の過ちと言われても仕方が無いが「それ」は確かに私の「やる気の源」であった。貧乏な私の若い頃はどれだけお金をかけずに女の子をナンパしてセックスするか、そこに全てのエネルギーが注がれた。友人と難波を夜明けまで歩き回り「坊主」だったその朝に食う吉野家の牛丼は絶望と未来の味がした。貴様は何をそんなに焦っているんだと当時の私に問いかけたいほど毎日夜遊んでいた。しかしそれは周囲の男達も同じであった。遊んで仕事する。仕事して遊ぶ。遊んで遊ぶ。今はそんなガツガツした感じが無いんだろう。見ていないから知らないが。まぁ別に今若いうちにセックスしたくないのであれば、それはそれで良いのかも知れない。そんな奴は私の世代にもいた。しかしながら私が少し懸念するのは、若い頃に遊んでいない、遊び方を知らずに大人になってしまうと狂う奴らが出てくるのだ。我々ぐらいの世代になると、自由なお金と時間を作ることが出来る。ちゃんと遊んでいた人達と遊んでいなかった人達は、やり取りを見ていれば分かる。そして行く末も分かる。真面目か!と横からツッコミたくなるが関係ない私は知らぬ存ぜぬである。その行く末の方が私は気になるので放置だ。先日取引先の真面目なムッツリーニに女の子を充てがうと私の「ハマるなよ」という忠告を無視して面白いようにハマっているようだ。有難いことにその人物の会社から新しい仕事が舞い込んだ。偶然ってあるんだなぁ。win-winだなぁ。バレないようにして欲しいなぁ。まぁいい。若人よ。もっとセックスしろ。色んな失敗や恐い思いもするだろうが、それが大人になるとネタになり色香となりそして余裕が出るのだ。周囲が「俺セックスなんて興味無い」なんてスカした野郎ばかりなら好都合じゃないか。いっぱい遊んでカッコイイ大人になれ。あ?俺?色気が出てんのかって?ハゲてるっつってんだろ色気がハゲから出るわけねえだろ何回も言わせんな死にたい

 

 

ギャランティ

www.cild.work

まず仕事の話。「私が関わるか関わらないか」で初動が決まる。関わりたくない案件は話もしないし見に行かない。関わる案件は「助けてあげたいなぁ」「見に行った方が良さそうだなぁ」と思えばお金が発生しないレベルで助ける。ここはいつも「無償」で動く。話をする、見に行く、ここで初めて「これを直すにはこれだけお金が掛かるよ」という旨の説明をして見積書を出す。これは所謂「単発」の話である。それ以上となると年間の予算を決めてその機械全体を私が見るという「契約」の流れだ。この「契約」に関しては、それだけの予算が割けるのかどうか、お客さん「が」私を信用しているかどうかが胆である。勿論私も単発であればその機械周辺の保証は必ずするし、「契約」をすればその決めた金額で赤字だろうが何だろうが責任を持ってその機械がちゃんと動くように仕事を全うする。「赤字だろうが何だろうが」である。当たり前の話だが赤字にならないような見積りをするのが前提の話ではあるが。男女関係も私は似たような感覚を持っている。ギャランティの大小が異なる。「知っている人」と「付き合っている人」と「結婚している人」ではギャランティが全く違う。綺麗事でも何でもなく、奥さんと子供に何かがあれば私は死んでも構わないと本気で思っている。「付き合っている人」の為に私は死ねない。私は「結婚 = 契約」をそう理解している。「好き」だとかはただの調味料に過ぎない。そもそも私は適当に恋愛している人には適当な人しか寄ってこないと思っていて、その想いは相手に伝染すると思っている。自分が浮気してしまうかもしれないからあなたもしょうがないよね、と思っていれば相手は必ずそれを感じ取る。思考は現実化するのだ。カーネギーをパクッてナポレオンヒルの言葉を引用しようと著書を開いたが面倒なのでやめておく。私が独立した時、適当な人間の人脈を絶つのに本当に苦労したし損もした。適当な人間は甘い話が多い。男女関係でも「君を守ってみせるキリッ」などというセリフをよく聞くが、貴様は本当にその「ギャランティ」を守れるのか、それはどのレベルのギャランティなんだといつも思う。コロコロと出会いや別れを繰り返してそれで良いんだ楽しいんだと言うのであれば、関係のない私はそれで良いと思う。ちゃんと真面目に動いていると、暑苦しいしカッコ悪いし、いちいち痛い。しかしそうやって行く事で、自分の環境は変わり、自分を幸せにしてくれる人間が周りに増えていくのだ。「甘い話」の方が儲かるしモテる。で、実際今でも儲かっててモテてるの?と私の周囲を見回すと、儲かっててモテてた人達が皆、茶色い真顔になっている。真面目の道は棘だらけで痛い。しかし慣れれば傷の治りも早い。私は痛い痛いと鼻水と涎を垂らしながらカッコ悪く泣き叫びながら生きるのだ。そして、自分が出来る範囲の中で助けることが出来るのであれば、私に関わった人たちを助けていきたい。カッコ悪くてもイイ。最後に、チルド氏へ「ネタ記事にマジレススマン」と詫びる事、ナポレオンヒルの言葉で最後を〆ようと思ったがめんどくさいのでやめた事を記しておく。

 

 

下心と悪の囁きと遠い記憶

その日は深く酔っていた。いつもはそれほど無茶な飲み方をしない私であるが、当日のLIVEイベントが盛況であったこと、バンド自体の出来も良かった事から、いつもより強めの酒をいつもより多目に、そして上機嫌で飲んだのだ。翌朝目が覚めると頭がガンガンする。二日酔いなどあまり経験が無い私は冷蔵庫から水を取り出して渇ききった口の中へ大量に流し込んだ。頭を抱えてテーブルに座っていると、見知らぬ番号から携帯電話が鳴った。誰だろう。今は誰とも話したくないな…などと思いながらその番号を見つめていたが、仕事関連であれば無視は出来ない。電話に出ると透き通るような綺麗な女性の声がする。「もしもし… 昨日〇〇の店で少しお話した者なんですけど…」記憶を必死に辿ると、確かに私は誰かと話をしていた。煙草が無いと言うので、じゃあこれを吸えば良いよと鞄の中から新品の煙草を渡した記憶がある。そこで何やら話し込んだようであった。また何かあればご飯でも食べようみたいな感じで電話番号を交換したとその女性は言った。断片的に記憶があるとは言え、その女性の事を全く覚えていないので気乗りはしなかったが、わざわざ先方から連絡をくれたので快諾した。待ち合わせ当日、唐揚げとビールが有名な店で食事したいとのリクエストだったので、声が綺麗だったという情報だけで予約したその店に向かった。「こんばんは」テーブルで向かい合った二人は挨拶をしながらその店のオススメのメニューを注文した。ほう…。彼女の姿を見て私は胸騒ぎが止まらなかった。貴様は自分の事を棚に上げて人の事を査定するのかとお叱りを受けるのは承知で言うが、彼女は紛れもなく非美人であった。楽しく弾む会話をよそに、彼女をどこかで見たことがあるなとずっと考えていた。芸能人で例えると…。そうだ。グズラだ。芸能人で例えようとしても尚、グズラであった。体型、顔、仕草。そのうち話し方ですら「オラこの唐揚げすんげえ好きなんだど」と聞こえてくるから不思議である。何とか早めに切り上げる事が出来ないか。今私の耳に心地よく響くこの綺麗な声に、下心をこれでもかと出してしまった結果、この食事の後は暇だという事を電話で話しているので仕事にかこつけて抜ける事は出来ない。胸騒ぎと緊張で料理の味がしない中、彼女は言った。「行く?♡」「どこに?」食い気味に返答したのは動物の防衛本能か。「行きたい?♡」「どこに?」気付いてくれないだろうか。ちなみに私は風俗などでチェンジOKの店でも女の子を目の前にすると「チェンジ」の一言が言えないチキン野郎である。何度も「行く?♡」と言われると「お、おう、」となるのは目に見えている。どうすれば良いのだ。このまま「行く?♡」「どこに?」のやり取りもそろそろキツい。彼女のにゃんにゃん声を聞いていると、私が「焦らしている」かのように高揚している。マズい。マズいぞ。どうすれば良い?とりあえず私は好きではない酒を何杯も煽り、自身の判断を、脳を、視覚を鈍らせることにした。そして私はグズラと夜を共にすることとなる。キスはダメ♡などと風俗嬢のような断り文句は彼女には通用しなかった。本能的に思った。「私は食べられるのではないか」酒で色んな判断力が鈍っていた私は何とか「事」を乗り切った。気だるい「事」の後、彼女は言った。「付き合う?♡」「誰と?」食い気味である。もう勘弁してくれ。誰か助けてくれ。誰か助けて下さい。私は世界の中心で哀を叫んだ。あれやこれやを何とか交わして彼女を駅まで見送った。そんな思い出を今朝打ち合わせをしたラブホ街で、その「事」があったラブホの前で思案した。20年も前の昔話である。

 

フィクションです。