ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

悪口を言われても気にしないワケ

強がっているわけではありません。誰かが私の悪口を言って回っているとして、多分その人とは反りが合わないか私の事が気に入らないのでしょう。現実社会でよくある話です。それで私が大切に思っている人達が離れていくかもしれない。私はそういう時「しょうがねえな」と思うようにしています。理由は、私より「悪口を言っているその人を信じている」から。自身がその大切な人達と信頼関係が成り立っていなかったのだと諦めますよ。自分を信じてくれている人達は、そんな悪口を聞いてもちゃんと「そんな事はない」と言ってくれると思います。もしくは連絡をくれて理由を聞いてくれる。理由も聞かずに離れていく人は向こうも私を信用していないし私も真摯に向き合おうとしていなかったと。だからずっと残ってくれている方達には嘘をつかず真剣にお付き合いをさせて頂いております。

 

「信用第一」

 

この言葉はやはり重いのですよ。

 

おわり

 

 

もしかしたら「カッコ良いもの」は我々クソジジィが知らない場所に沢山移動しているのでは

最近カッコ良い音楽って無いよなーなんて思いながら昔の音楽ばかり聴いている。私が若い頃というのはカッコ良い音楽は勝手に耳に入ってきた。それはテレビでありラジオであり誰かの車の中でありお店の有線だった。しかし今は全くそんなカッコ良いものは耳に入ってこない。カッコ良いもの。そんなものは人それぞれであって私がカッコ良いと思っても私以外の人がそう感じるかどうかは分からない。それでも昔は耳に入ってきた。「お!!!」と思う音楽が。今、巷で耳に入ってくる音楽は、何十回と聴いても覚えられないものばかりだ。初老のせいもあるかもな。

 

しかし少し前、YouTubeを流し見していたらこの動画が目に入った。

www.youtube.com

脳漿炸裂ガールだそうだ。見てみると鳥肌が立つほどカッコ良いなと思った。なんだコイツ等は。Google先生に聞いてみるとボーカロイドで作られた楽曲のカバーだそうだ。ボーカロイド?知らん。初音ミク?分からん。しかしこのバンドは原曲がどうのとか関係なしで一度聴いて素直にカッコ良いと思った。若そうなのに上手いし。そしてこのバンドを辿っていくとカッコ良い若い奴らで溢れていた。おぉぉぉ...。

 

カッコ良い奴らの活動する場所が移動している...

 

詳しくは知らない。もう私もオッサンなんだろう。時代についていけてない(笑) 多分プロデビューやテレビやラジオじゃないんだろう。考えてみたら私が若い頃に見てブッ飛んだカッコ良い人たちというのは本当にブッ飛んでいた。頭がオカしいレベルで。聖飢魔ⅡやらX JAPANTHE BLUE HEARTS電気グルーヴやらユニコーンやら。初見で「何じゃコイツら...」と思うような人たちばかりだった。そして私は年を取り「うおおお!!!すげえなコイツら!!!」と思うようなアーティストを見なくなった。いつも買っていたCDを買わなくなったのだ。

 

しかし私がただ単に疎いだけの話であってカッコ良い奴らは多分場所を変えてどこかに沢山いるんだ、と考えると少し楽しくなった。もっとキチ〇イじみたカッコ良い奴らの音楽が聴きたい。ロックなんてものは頭のおかしい奴らの音楽がカッコ良いんだ。非常識で暴力的で怒りとか悲しみとか全てをひっくるめたその人の中の狂気であり刹那的な生き方が音楽に表われる。そしてそういう人達の音楽を聴けば頭をバットでフルスイングされるような感覚があるよね。

 

バンドをする動機やスタンスなんて別にどうだって良いんだ。そういう頭のおかしな、ロックな人間が一たび音を出した時、私はその衝撃で頭の中が空になり、そして次の瞬間その音で頭の中がいっぱいになる。

 

何も知らずにどんどん老いていくことを考えれば、YouTubeって良いなぁと思った瞬間でした。

 

おわり

 

 

広告を貼るのか貼らないのか

広告を貼るか否かついてチラホラ記事を目にするので書いてみる。私は広告を貼っている。そもそもブログを書くにあたり、はてなを選んだのは「広告が貼れるから」という理由に他ならない。インターネッツに詳しくない私にとって地獄だった。Google先生にやり方を聞きながら、アドセンスの申請やら貼る位置やら広告の種類やらを見て貼り付けた。最後らへんはもうめんどくさいボルテージがMAXであったため、ちゃんと貼れてるのかどうかすら分からない。まぁ、アドセンスのお金が反映されているから貼れてるんだろう。今となってはどうでもいい。では何故私は広告を貼り付けてブログを書こうと思ったのか。

 

私の文章は一体いくらなのか

理由はこれだけである。何でもやってみないと気がすまない私はこれが知りたいが為に広告ありきのブログを始めた。月に何10万と稼ぐブロガーがそこら中にいる中、どういう仕組みでどうやったらそんな事が出来るのかな?という疑問を自分でやってみようと思ったのだ。アフィリエイトに関しては今だによく分からん。というか多分興味が無いのだと思う。あればもっと勉強して色々やっているだろう。悲しいかなインターネッツの技術は私の頭の中に全く素直にインストールされない。

 

何故そんなに広告が毛嫌いされているのか

これがよく分からない。例えば私のブログの広告を誰かが踏んで「その誰かの口座の金が減る」とかだったらダメだと思うけど、んな事無いでしょ。一旦どっかのサイトに飛ぶだけでしょ?それもGoogle先生が認めてる広告のサイトに。じゃあ別に良いじゃんそれぐらいと思ってしまうのですよ私は。インターネッツ詳しい人からすると何も分かってないんでしょうけども。何でそんなに広告を嫌うのかが私にはサッパリ分からない。まぁ別に良いんだけど。

 

では私の記事は一体いくらなのか

大体1記事50〜100円。そんなもんです。これが私の文章の価格。もうこれが分かったから別に広告外しても良いんだけど、外し方もまたやり方分からないし超めんどくさいからそのままにしてます。広告を貼るのか貼らないのか。私は貼れば良いんじゃない?と思いますけどね。逆にダメな理由が浮かばない。詐欺とかそんなんじゃないでしょうに。何でそんなに嫌われてるのかが本当に分からん。

 

現場からは以上です。

 

 

ブログやTwitterなんてものは普段の思考の確認作業

タイトルで完結しているがインターネッツでの発言なんてものは私の普段考えている事の確認作業。思ってもない事など書かない。そして思っている事はまだまだある。ここで書いている事なんて多分全体の1割にも満たない。あとの9割は「これ書くと多分炎上するだろうな」「傷つく人がいるだろうな」「わざわざ書く必要あるのかな」「変態がバレるな」である。逆に書いている事というのは「自分がした経験」であり「人から聞いて役立っていること」であり「誰かの思想の反論」であり「見え隠れする変態」となる。

その私が書かない9割の思考、この部分を切り崩して公開するか否かで私のこのはてなでの匿名の人格を「自分で」守っていることになる。いわゆる理性。この理性の中で読んでくれている人達にどれだけの満足度を与える事が出来るか。9割の中に誰しもが存在する狂った部分。読む人によっては面白がる部分であり興味を引くんだろうけどやはりそれは使いたくないし使うべきでないと思う。といって聖人君子のような話や偉人の言葉をそのまま書くつもりは無い。せっかく私の周りには私が思うすごい人達が沢山いて沢山の助言をしてくれている。その助言を聞いて私がどう思ったか、どう変わったかを頭が悪いなりに気が向けば書いているつもりだ。

インターネッツでの発言は、頭の中が「透けて見えている」のか、「透けて見せているのか」でそのアカウントや人格の見え方が全く異なる。カッコつける気は毛頭ない。私は最近多い「ただ単に狂っている奴」ではなく、何か変わったことを言ってるけど読んで少し楽になったな、ちょっとこれやってみようかな、などと思って頂けると幸いである。私が一緒にインターネッツを楽しみたいのは「理性を必死に守っているバカ」である。こんな空想世界で自分を切り売りしてボロボロにるのは御免だし必要以上に傷つくのはバカバカしい。この理性の範囲内で目立てる人が本当に才能のあるブロガーなんだと私は思う。

 

最後に

文中の「毛頭ない」を「毛根ない」に空目した貴様らはそこに並べ。理性が飛ぶぐらいのビンタをしてやる。

 

 

 

友人がいないと嘆く前に愛をバラ撒け

私に親友・友人はいるだろうか。私が友人だと思っていても相手は思っていないかもしれない。友人とは凄く曖昧な各個人の距離感であり、自身の傲りであると思う。しかし私はそれで良いと思うのだ。自身が相手の事を好きになって、そして好きだという事をちゃんと公言することにより友人関係や距離感が保たれる。好きであればずっと付き合えば良いし嫌いであれば離れれば良い。自分以外の全ての人間が嫌いなんて人はいるんだろうけど少数だと思う。

ここで私が考える「愛」とは何か。ちゅきちゅき大ちゅきではない。「見返りを求めない手助け」である。厭らしい言い方をしよう。「見返りを求めない貸し」だ。それが労力なのか知識なのかはその時による。時間や力があるのなら、よく知らない相手でも私は「無償で」労力を使う。勿論見返りなど求めないし貸しであるとも考えないし期待もしない。そこで相手がありがとうと思って貰えればそれで良い。もっと言おう。相手が勝手に「借り」だと思ってくれればこの先私が困っていたら助けてくれる「かも」しれない。

あれやって「あげた」のに!とか、あの時こうなったのって俺の「おかげ」でしょ!なんて考えながらやっていると、こんなものはストレスが溜まって仕方ない。そういう人間はやらなくていい。トラブルの元だ。お金がかからないのなら、時間があるのなら自分が出来る事をやればいい。これって実はそんなに大層な話じゃない。出来ない事は受けるべきじゃないしちゃんと断れば良い。自分がパッと手を差し伸べてありがとうと言ってもらえる事。誰かのトラブルにグイグイ入っていく必要なんてない。話を聞いて「こうやればすぐ解決するのに」という事案でパッと手を出す。

広く浅くで良い。これを繰り返していると友人という線引きが驚くほど近くなる。あとは自身がその線引きを相手の事が好きだという思いで超えるだけだと思うのだ。自身は何もしないけど相手から友達になってくれるのを待っていても誰も来ない。面白い話をする必要もない。ただひたすら小さなありがとうを不特定多数の人たちから「自分の出来る範囲で」集めるのだ。それでも友人・味方が出来なくとも嘆かなくていい。圧倒的に敵が少なくなる。

 

止まらずゆっくりやれば良い。誰かが必ず「それを」見ている。

 

👁👁

 

 

 

 

アイコスのススメ

脱紙煙草に成功したおちょいです。もうアイコスで十分です。グッバイマイ紙煙草。何十年と世話になったがもう貴様には用は無い。私はもうアイコス様💖にゾッコンだ。失せろ!もう二度と顔出すんじゃねえぞ!貴様と付き合いしていると嫌煙家どもに何言われるか分かんねえ。煙草の銘柄をコロコロ変える人って浮気性なんだよ✨なんてワケの分からん診断しやがる輩もいるがそんなものは関係ねえ。これからはもうアイコス様💖に私は貢いでいくことに決めたんだ。

しかしながら、私の周囲ではまだまだ「アイコスwww」「荷物多いよwww」「あれ吸ったことあるけど全く煙出ねえしwww」などと言っている連中がいるのでちょっと書いてみようと思う。脱紙煙草を狙っているけど中々踏み出せない人達の参考になれば幸いである。

 

バラバラでめんどくさいズラwww

うるせえ。私も最初はこのバラバラを持って歩くのめんどくせえなと思っていたがAmazonを見ればアイコスのケースが売っている。私が使ってるのはこれ。
f:id:kopelani:20170319131151j:image

4,000円くらいだったかな?革製で本体とヒートスティックが収められる。持ち歩くのがこれ一個になればバラバラになることも無いし本体充電用の穴もちゃんとある。先日新幹線の喫煙ルームでスタイリッシュにこれを取り出して吸おうと思ったら箱の中が空だった死にたい

 

煙が出ないっスwww

うるせえ童貞。だから貴様は童貞なんだよ。アイコスは専用ホルダーにヒートスティックを挿して使用する。その挿す時はゆっくり挿せ。ゆっくりだ。体感で約5秒。5秒を感じながらゆっくり挿せば、ヒートスティックの中のペレット部分に均等にブレード(熱する部分)が挿さる。貴様ら童貞は慌てて挿すから中のペレットが片寄ったりしてブレードにちゃんと葉っぱが当たってねえんだよ。落ち着け童貞。慌てずゆっくりとアイコス様💖を楽しめ。

 

それでもwwwそれでも煙があんまり出ないっスwww

うるせえ童貞。慌てるなと言っているだろう。アイコス様💖は加熱している間はランプが点滅、加熱が終わったよ💕で点灯に変わる。そこで貴様ら童貞は慌ててアイコス様💖を吸い込んでいるんだろう。何度言えば分かるんだ童貞。慌てるな。アイコス様💖が熱くなったよ💕と言っても30秒くらい待つんだ。ブレードの熱がじっくり葉っぱに伝わるこの30秒(ジュワ~パチパチッって鳴る)。そこでゆっくりと吸い込めば至福の水蒸気が口の中で溢れ出す。その後も同様だ。こういう嗜好品は慌てずゆっくりとだ。分かったか童貞。

 

まとめ

慌てるな。気持ちは分らんでもないが狭い日本そんなに急いでどこへ行くんだ。もっと余裕をもって楽しめばいい。セカセカしても良い事なんてない。先日、終日禁煙の店で「アイコスOK」の店があった。アンチ煙草が増えている今の世の中だ。そんなに反発せずとも、我々が少しだけでも歩み寄ればほんのちょっと過ごしやすくなるかもしれない。まだ体験していない人は試してみる価値は私はあると思う。慌てずちゃんとゆっくりやれよ?

 

成功を祈る

 

 

俺達に一発逆転なんて無い

月に40万を稼ぐ方法。方法としては簡単だ。税金やら細かい話は省くとして、時給900円の仕事を一日15時間、月に30日こなせば良い。何をそんなに悩む必要があるのだ。簡単だ。そこに「能力」が加われば時間単価が1,500円になるのか3,000円になるのかだけだ。時間単価が高くなれば働く時間が少なくなる。時間単価を高くする方法は様々で、資格や経験・実績などなどだ。私がよく言われる事がある。「あんたはええな、若いのに金回り良さそうで」という類のもの。

 

はぁ?

 

私は18~21時くらいにタイムカードを押して立ち飲みやキャバクラには行ったりしない(酒飲めない)し毎日のようにパチンコや麻雀をしているわけでもない。唯一の趣味と言えばゴミのようなギターをヤフオクで1万円以下で落として修理してニタニタしながら弾くぐらいのもんだ。こないだそれ売ったら7万ぐらいになってビビったけど。私が今何もかも失ってゼロになったところで今ぐらい稼ぐ自信はある。上記のように「金が欲しければ働けば良いじゃん」という考え方が基本となっている為である。

 

楽して稼ぐ方法など無い

ブログで簡単!毎月〇〇万円があなたの手に!なんて言ってるけどそんなわけないじゃんね。私が見てる感じだとさ、そうやって収益ブログ書いてる人って凄い努力してるよね。ちゃんと毎日更新してるし、記事の内容がすごく濃かったりね。感心しちゃうもん。私には出来ないよ。こんなグータラグータラした文章しか書けねぇよ(笑) そこに労力を使うなら仕事してる方が良い。それは私の考え方だ。そしてその両方の考え方から漏れている楽して金稼ぎたい奴は必ずと言って良いほど「楽して金稼ぎたい奴を集めて金にする連中」にカモられている。気付けよ。

 

まずは続けろよ

別に毎日更新しなくてもさ、続けりゃ良いのよ。という私もまだ1年半くらいだけどね。まぁそれなりに書いてますよ。更新すら出来ない奴がブログで金稼げるわけねーだろうに。アフィブログはここはてなでは厄介者扱いされてるけどさ、ちゃんと運営出来てる人はすげーなーと思いますよ私。ちゃんと結果出してる人もね。検索流入やらデザインやら。私はやらないだけでね。本当は出来ないんだけどね(笑) その為にわざわざ勉強すんのめんどくさいし(笑)

 

楽したいけど金が欲しいは無理

結局どういう人が額は置いといて金を掴んでるのかというと、一生懸命やってる人か好きでちゃんと続けてる人でしょ?一生懸命やってんだよ!でも結果が出ないんだよクソが!って人たまに見るけどさ、その人を観察すると一生懸命やるベクトルが違ってたりするよね。成功するプレゼン資料を作らないといけないのに腕立て伏せやってる人。違うよそれ。それ頑張んなくていい。周りをちゃんと見て下さい。

 

カッコ良い人を真似れば良い

私はこれ一択でしたけどね。社内社外関係なくです。私がカッコいいなー!と思う人の事を完コピしてました。話し方や仕草、髪型からスーツ、持ち物まで真似してましたね。そして聞く。これ重要。分からない事や疑問はすぐ聞く。教えて下さい!って言ったら教えてくれるよ。教えてくれない厭らしい奴は相手にしなくて良し。そして自分に落とし込めな良いのです。ブログも同じでしょ。オリジナリティは必要なのかもしれないけどさ、真似することから始めてちゃんと続ける。それがベースになるんだから、金の事はまず置いといて続けりゃ良いんじゃない?というかそれが最低条件でしょ。

 

まとめ

検索流入なんて気にしないで書いてる私のブログでもあるんですよ。特定のワード。何だと思います?

 

 

堂々第一位ですよ。このブログのアクセス40%はこのワードに支えられています。ビジネスホテルに泊まる寂しいサラリーマンが「ペイチャンネル」と検索して私のブログに辿り着く。オッサンがグダグダ股を搔きながら独り言をブツブツと放出しているこの場所に、哀愁漂うサラリーマンが漂流する。なんてロマンチックなんでしょう。私は彼らに言うよ。「おかえりなさい」と。怒り狂った顔が目に浮かびますね。明日も頑張ってください。

最後に私が考える金を稼ぐ方法を以下のURLに纏めています。簡単に金が稼げる方法を分かりやすく書いています。言わば即金の虎の巻ですね。今日のブログの内容を理解した人は絶対このリンクを踏まないように。

 ※ スマホで見れないのでリンクは消しました(笑)

ではまた。