読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

オッサンの頭の中の記録

有名な方達のブログを読んでると、「ブログ」という形態は、やはり何か一つのテーマがあり、そのテーマを細分化して個人の見解を発信するというのが多い感じよね。

 
それを読んでいる人達はやっぱりそういうのが好きで読んでるんだろうね。私はそういうのを読んでると何か疲れるんだよねぇ。例え興味のあるテーマでも。
 
しかしながらそういうブログがアクセスを集めているのは事実であって、私が読まなくても影響があるわけでも何でもない。気になるのはああいう形態や文章量が読み手のニーズなのかなぁなんて。
 
まぁ私はアフィリエイトやってるわけでもアクセス稼ぎたいわけでもホッテントリされたいわけでもないから別に良いんだけどさ、やっぱりブログ書いてるんだから見られたい欲はあるよね。見られたい的な。
 
でもああいう作り込んだブログを書く気は毛根な、毛頭ない。読むのも疲れるし書くのも疲れるしね。だからお前はどうやっていくんだと問われても何も無い。だから心の隅っこに小さな小さな紫色の渦巻いた感情を薄汚れた雑巾で隠しながら続けようと思う。
 
書く労力と少ないアクセスのこの微妙なバランス。この綱渡り感が今のモチベーションとなっている。