読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

食べ物の真髄は腐りかけに有り

雑記

私はいつも買いすぎる。時間無い時はコンビニのオニギリやパンを齧りながら車の運転をする事が多いんだけど、ジジイなので大体3個ぐらいでお腹いっぱいになる。しかしながらわんぱく時代の思考が私のウルトラソウルに染み付いてしまっているので5個ぐらい買うんです。

 
食えるわけない。
 
食い終わった後に冷静に考えればそうなのですが、コンビニでお金を払うまでの私は腹を空かせた野獣。甘パン、オニギリ2個、サンドイッチ、オカズ系(唐揚とかコロッケとかアメリカン的ドッグとか)を必ず買うのです。そう。必ず。
 
食い始めるのは生系の物、サンドイッチ→オカズ系→締めの甘パンで、オカズ系のとこで食えないだろうなという不穏な空気を1人で感じているわけですね。え?年ですか?41歳です。ええ。厄年です。そしてオニギリが残ると。
 
表題にもあります腐りかけの食べ物。これは食べ物の真骨頂ですね。カッコ良く表現すれば熟成です。この残ったオニギリはいつも車に放置、時間が経ってお腹が空いたら食べるというルーティン。MOTTAINAI精神BANZAI
 
さて、昨日の夕方に買ったオニギリが手元に一つ。身体がおいこの具はやめとけと拒否反応を起こしているようだがそんな事は関係ない。海原先生は怒るだろうが山岡さんは私の味方をしてくれると信じて。
 
いただきます。

f:id:kopelani:20151120114939j:image