読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

タケノコのアベレージとキノコのポテンシャル

雑記

ブログを書くのにさ、気負っちゃうじゃん?作り込んだ文章とかネタとかさ。んで中々続かないと。私はですね、会心の一撃を一発一発狙う方法じゃなくてさ、刻みながらこん棒でガンガン殴り続けるタイプなんですよ。面白いか面白くないかなんて私が決める事ではなく読み手が決める事。え?なんでこれこんなにスター付いてんの?みたいなの結構あるしね。毎日バイ~ンバイ~ンと殴り続けてるとたま~に何か良いの掛けたりするしね。続ける事が大事。

では本題。ブログの表題にもあります、タケノコとキノコについて書いてみましょう。語り尽くされた感がありますが私も思う事はありますよええ。色んな記事見てるとやっぱタケノコが優勢だよね。あれって最終クッキーとクラッカーどっちが好き?みたいな話なんでしょうけどそれはこっちに置いときましょう。

あるサイトを見ると、40~50代の中高年層がきのこを支持しているようですね。私もこの中高年層です。となるとやはり私が思うのはですね、「今の若年層はクラッカーを食べ慣れて無いから抵抗がある」のでは無いかなんて思う訳ですよ。食いますか?あえて。今。クラッカー。私は食いません。リッツとか?リッツパーリーとかやってんすか?

我々が子供の頃ってさ、クッキーって丸い缶に入ってる夢の缶だったんですよ。真ん中がチョコのやつなんてもうね、兄弟で殺し合いですよ。分かりますか?その辺にレンガなんか転がってたらもう大変です。多分あの格闘をパンクラスに見られてたら今は仕事が変わっていたでしょう。それぐらいクッキーには縁が無かった世代なんですね。(んな事ねーよテメエが貧乏だっただけだろと思ってる方は黙ってて下さい)

なので我々世代はあのゴロゴロと溶けずに口の中に残るクラッカーに抵抗が無いんです。中高年はそういう理由でチョコの量が圧倒的に多いキノコを支持するわけです。(きのこの山...1.792g たけのこの里...1.273g)

どうでしょうか。ここまでが私の見解です。思わず「時代かぁ」と呟いてしまいそうですね。ではブログをここで終わりま え?私ですか?私はもちろんタケノコ派です。そんなの当たり前でしょう。チョコの量なんて関係ないですよ。クッキークッキー。口の中で優しく溶ける方が良いに決まってるでしょ。んなもん。(ABCクラッカーとかご存知ですか?私は20代前半一人暮らしの頃、あれと水だけで一週間耐え凌いだことがあるので二度と見たくありません。)

 以上、プレゼンを終わります。