ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

我が神と邪鬼


f:id:kopelani:20160111133611j:image


f:id:kopelani:20160111133626j:image
 
しょーばーいはーんじょーさーさもってこーい!はい。昨日えべっさんに行ってまいりました。ダダ混み。おしくらまんじゅう状態。自分で歩かなくても周りの人間に挟まれて笹が貰える場所に流れて行き、その後巫女さんのとこまで流れて行くと。危険予測をし、嫁ちゃん、チビ、嫁ちゃん母は屋台でおでんでも食べて待ってなさいと置いてきて良かった。チビがもみくちゃになったらもう大変です。行けないし引き返せない。危ないところでした。
 
笹も貰って参拝も済ませ、屋台に戻ると疲れきった嫁ちゃんと嫁ちゃん母、チビが寝てました。どうも嫁ちゃんはああいうガラの悪い場所は好きではないらしく、言葉の汚い人達の近くにいると神経が消耗するようです(笑) 声がデカい、偉そう、馴れなれしい等々。まぁ私も思いますけどね。祭りになると、今まであなた達は一体どこにいたの?という人種が一気に湧き出てくる。まぁしょうがないですね。
 
さぁ帰りましょうと、まだダダ混みの屋台が並んでいる所を歩いていると、若い2人組のDQNバカが奇声をあげながら歩いています。酒の力を借りないと物が言えないバカですね。混んでいるのに道に寝転がったり2人でいきなり殴り合いをしたり。周囲を威嚇しています。私はああいうバカに絡まれたいドMジジイなので、あら良いですねぇと思いながら引き寄せられるように近くを歩いていました。
 
そしてその時は来ました。誰かが私の肩をグイと掴むではありませんか。いやーんこわーい殺されるぅ〜なんて思いながら振り返ると、この世に舞い降りた雷神のような顔をした女性、そうです嫁ちゃんですね。で、一言。
 
雷神「テメエあのキチガイに近づいてんじゃねえだろうな?あ?」
 
おちょい「いえいえ、滅相もございませんですよ姫。帰りやしょう帰りやしょう」
 
雷神「チッ。」
 
おちょい「いやぁ今日も良い天気でやんすねぇ」
 
雷神「うるせえ早く歩け」
 
神様がせっかく皆の為に集まって下さってるこの日に湧き出てくるああいうバカは何とかならないんでしょうかねぇ。まぁバカに関わるだけ時間の無駄。そして私の生きるエネルギーは「怒り」なので、この怒りを私の体内シェルターに貯蔵し仕事に邁進する事に致しましょう。
 
正しく生きる全ての人達に幸運を。