ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

集団アイドルを愛せなかった私

今ならAKBとかNMBとかなんでしょ?いい歳したオッサンが推しメンとか言って結構マジで応援してるじゃん?あれってまぁまぁ羨ましいなぁなんて思うんですよ。そんだけ夢中になってるわけじゃん?可愛いんだろうなぁとは思うけどCD買ったり応援なんてそこまで夢中にはなれない。

 
私の世代はですね、おニャン子なんですがちょっと幼かったんですよ。小三とかそんな時じゃなかったかな?女の子が可愛いとかそんな年齢じゃないよね。おニャン子よりウォーズマン。ベアークローに夢中でしたよね。ウォーズマンが冷徹に笑った時など全身鳥肌立てて失神してました。
 
女の子に興味が出だす小五や小六、その時に初恋を経験しましたが、好きなアイドルなんていませんでしたねぇ。アイドルよりも、初恋のあの子の興味を引く為にひたすらスティービーワンダー聴いてましたね。え?興味引けたかって?引けるわけねえだろそんなもん。
 
そして次に集団アイドルが出てきたのってモーニング娘かな?もうその時はすでに17〜18歳?もっと最近?多分大人になってましたよね。別にモーニング娘に夢中になるような事は残念ながらありませんでした。高校で好きな子はいましたが、その子の興味を引くために、V系バンドの暗い歌詞をひたすら黒板に書いてましたね。え?引けたか?何を?何を引くの?引けたかどうかは聞くんじゃねえっつってんだろ。
 
そして何やら色々メロン何とかやら何とかかんとかやらいっぱい出てましたが、AKB含めてそういう集団アイドルに夢中になる事はなかったです。タイミングなのかな?別に好きにならなくても良いけどさ、何か良いじゃん。ブログネタになるしみんなでワイワイしててさ。
 
私もそんな毎日面白いブログネタなんかあるわけないじゃん?みんなで共有出来る話題でさ、ワイワイね。私なんて仕事ネタが多いしさ、例えば急に腸炎になって事務所ビルのエレベーターから究極腹が痛くなって階数のカウントダウンしながらフロアの便所に奇声をあげながらトイレに駆け込み震える手でベルトをカチャカチャしてる時に脱力とエンジェルと共に全ての老廃物をパンツにぶちまけて携帯から従業員にパンツ買って来いと司令を出してトイレのドア越しにパンツを受け取る時の冷徹なウォーズマンの笑みをした従業員の顔の話聞きたい?
 
これ以上言うことねえよ。