読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

私がSNSを辞めた理由

雑記

私がインターネッツを使うようになったのは15〜16年くらい前かな?その頃はまだパソコンが一台30万以上してて、こんなのが家庭に1台の時代が来るって本当かよwwwブルジョア思想乙www なんて思ってたけど当時ボーナスか何かで買ったんですよ。富士通か何かのデスクトップ。ワクワクしましたよね。一番覚えてるのがね、パソコンを買って間もない時期に911テロがあったのね。Yahoo!ニュースか何かをパソコンでずっと見てた覚えがあるなぁ。

 
そんなに駆使してたわけじゃないけどさ、当時の仕事で店のアプローチに絡めてブログってものがあるらしい、ブログを立ち上げようとなってアメブロを始めた。その時に個人のアカウントも作ってゴニョゴニョやってましたね。そのアメブロで始まったばかりのTwitterが紹介されててそのままTwitterへ。5年くらいやってたんじゃないかな?Twitter。そしてTwitterからFacebookへ移行。
 
Facebookはやってる頃から何か上辺だけの関係ってつまんねえなぁ、何でオッサンの昼飯見なきゃなんねえんだよ、デキるオッサンの人脈自慢、いや全然凄く無いっすけど結構モテるんすよ私系の記事ばかり。やっぱインターネッツは匿名だよなぁなんて思ってる時に稼げるSNSのtsuに出会うと。これも1年ちょいやって先日辞めちゃいましたよね。そして今は1周回ってここはてブにいるのです。
 
私が思うSNSの中毒性ってさ「今何してる」ですよね。いつインターネッツの扉を開けても誰かが何かをしている。そう。朝だろうが夜だろうが徹夜明けだろうがキャバクラでボッタくられた後だろうが、扉を開けると必ず誰かがイエーイ気分はどうだい?おちょい!とハイタッチしてくるんですよね。これは今自分が何してるという発信とともに、誰が何してるのかな?という興味も止まらない。だから暇さえあれば、もっと言えばわざわざ暇を作ってスマホンを操作するというスパイラルに巻き込まれる。
 
なので私はSNSを辞めて極端にスマホンを眺める時間が減った。SNSの恐いところは、合法で他人の行動を覗き見出来る、それが嘘であろうと見栄であろうと関係ない。セレブ的なポストには嫉妬の渦が自分を支配し、自分より下の立ち位置の人間を見ては安心する。もちろん楽しい話題のリアルタイムでの共有や速報などの情報収集も出来る。問題はPCの中、スマホンの中の世界と現実社会の時間の使い方のバランスがおかしくなってくる。
 
ブログに関しては私の感覚だけでいうと、誰かが書いたその先にもう人はいない。リアルタイムでの繋がりではなく、誰かの思考がそこに置いてありそれを読むというイメージです。だから時間に余裕のある時にしかその扉を開かないし全ては読まないのです。必然的にスマホンを触る時間が減ると。
 
別にSNSにハマることは悪いことじゃないけどね、依存する形になるとこんなに恐い事はないよね。一種の麻薬的なものになると現実社会が疎かになっちゃう。だから私はリアルタイムでの不特定多数の繋がりを絶った。私が必要なのは現実社会での行動と実績と結果と軌跡。
 
どこに時間を使うのかをよく考えながら、これからも諸君にどういう状況でウンコを漏らしたのかをお届けしていきたいと思う。
 
死にたい。