ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

女は脱毛をし男は植毛する

お分かりだろうか。この時点で男と女は分かり合えないのだ。だから男女間で些細な事をウジウジと悩まなくても良い。そう。わがままだとか面倒臭いとか意味不明なのは男も女も同じなのだ。男でもわがままで面倒臭くて意味不明な奴はいる。

一般社会の女性への対応など何でもない。私を見てみるが良い。愛する嫁ちゃんの生理前はハッキリ言って地獄だ。機嫌が悪いというレベルではない。私の動きを全て捉え、粗を探し、揚げ足を取り、狂ったように怒りだす。生理前というあの女性の現象は何なのだ。何が起こっているというのだ。悪魔か?!悪魔が乗り移っているのか?!

対する私はどうあるべきか。そう。虚無僧だ。全てを「無」で捉え、静かに目を閉じ、ただひたすら寡黙に第三の目、チャクラを開く。雰囲気を出すため尺八なんて吹こうものなら嫁ちゃんの思うツボだ。尺八を取り上げられメッタ打ちにされるだろう。やめた方がいい。ただひたすら嵐が過ぎるのを待つ。動かざること山の如しだ。

どうだろうか。会社や社会の女性がどうのこうのなんてハッキリ言ってそんなもの屁でもない。私はいつもこういう理不尽とダンスしているのだ。男が小さな事でウダウダ言うんじゃない。「無」だ。邪念を捨てろ。分かり合えるなんていうのは男の傲りだ。その為に神は男に体力を与えたのだ。耐えろ。そして耐え抜いた先に見える小さな光、それは豹変した優しい嫁ちゃんの笑顔。今月も助かった。

教えてくれ。生理前とは何だ。女の身体、いや、精神に何が起こっているんだ。しかし私はこのおかげで精神力が神がかってきていると自分で思う。そう私は神だ。そしてその神を創造し操作する私の嫁ちゃん、母親、全ての女性は何なのか。

宇宙だ。

宇宙に喧嘩売ったら負けちゃうよね。

マジ恐えっす。