ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

営業職について書かれた記事があったのでアンサーソングを歌う(演歌調)


「営業やりたくない」なんてもったいない。なぜ文系人材はファーストキャリアとして営業職を経験すべきなのか?|西村創一朗|note

 
最初に断っておくが批判記事ではない。概ね言いたい事は分かる。が、営業職を嫌がっている・嫌っている人達にこの記事が響くのかな?なんて思ったので営業職についてコブシを効かせて歌ってみよう。
 

ノルマ

「ノルマがいや」ということはノルマがない仕事の方がいいと言ってるのだと思いますが、目標がない仕事なんて逆につらくないですか?評価基準がめちゃくちゃ曖昧になるので、評価する方も難しいし、評価される方もなんとなく納得感がない。 そういう意味では目標が明確な営業職は極めてわかりやすくて仕事初心者=新社会人向きだと思うのですよね。

キラキラしてます。キラキラ男子ですね。しかし営業職はキラキラしていないといけないので彼は正解です。多分ですがそこそこの企業で働いているのでしょう。若いのにこれだけノルマに対して肯定的に捉えられるというのは、営業センスが天才的か上司(グル)の説法にかなり感化されているのでポアされないように注意されたし。

ノルマに関しては上手く付き合えば良い。考え方だ。記事中にもあるようにただの目標。達していない時はこんなに恨めしいものは無いが、達成さえすればこんなに気が楽なものはない。ただのゴールだし達成出来なかったとしてもそんなに気に病むことは無い。私は達成後の案件は同僚や上司に「恩着せ」の道具として使っていた。特に上司への「恩着せ」は効果アリ。達成しなかった時は盛大に笑って誤魔化すという得意技を持っている。

 

介在価値

「ノルマは納税義務みたいなもの。もらってる給料の分の対価として、達成して当たり前。大事なのはそれから先、顧客に対してどれだけ大きな介在価値を発揮できるかどうか、だよ。」

そこそこの企業なんだろうなぁと思わせながらツンと漂うブラック臭。飲みの席で上司がこの発言をして、部下がウットリしているのか白目を向いてホッケウスターソースをかけているのかで普段の説法がどれだけ浸透しているのかが分かる。ホッケウスターソースをかけている奴からポアされる。

介在価値ってのはまぁ分かる。提案を創造するという事だ。困っている事が金になるんだよ。困っている事だけを聞いて回る。これが営業の本質だと思う。

 

営業とは

営業は本来、顧客の課題(Problem)を引き出し、それを自社の商品・サービス(Solution)でいかに解決可能か?を伝え、顧客がProblem/Solutionがフィットした!と感じる瞬間をプロデュースし、解決に向けて伴走する仕事だと思っているのですが、世の中にはひたすら自社の商品の押し売りばっかりを推奨したり、顧客のことをダマしてでも商品を売れ!というオペレーションをしている企業が存在します。 信じられませんが。そんなのは「営業」とは呼びません。

この人は会社や顧客に恵まれている。灼熱の砂漠で炬燵売ってこいやなんて言われたことが無いのだろう。砂漠に炬燵。プロブレムもソリューションも無い。上司にノープロブレム!なんて言われたら殺意が湧くだろう。だが世の中の営業は大半こういうノープロブレムを突きつけられている。この人は信じられないのだろうがそれが中小企業・零細企業の「現実」なのだ。

 

まとめ

難しく考える必要は無い。営業職とは人と人の繋がり、お客さんの困ったと製品の橋渡しだ。重要なのは人に好かれる人間になる事。では人に好かれるにはどうすれば良いのか。それはこちらが相手を好きになる事から始まる。
 
嫌な人間もいるだろうけど、100%ではない。1%でも良い人じゃんと思うところがあれば、そこを褒めて持ち上げてこちら側に巻き込む。これは何度もやってれば鼻が効くようになるよ。嫌な人ってね、その他の人も寄り付かないから敢えてぶつかっていくとビックリして喜ぶのよ。
 
営業職とは沢山の友達を作って味方を増やす陣取りゲーム。味方を増やせば増やすほど、「売りに行かなくても」勝手に物が売れるし味方が売ってきてくれるんだ。営業各人の個性でそれぞれ違う味方を増やしていく。それが営業職というゲームだ。
 
ん〜にゃ。(演歌調)