読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

タトゥーについて考えてみる

ホッテントリの記事を読んだ。


【タトゥーが嫌いな人へ】これを見て何を思いますか? - UNDERGROUND FLAVOR

さてどうでしょう。この方の書き方が結構煽りキツいから反感買うパティーンが多いでしょうねぇ。私の感想を書いてみましょう。私は昔むかしパンクバンドというかハードコアのバンドを長らくやっていたのでこの手のタトゥーやらピアスやらモヒカンには耐性あるんですよ。自身も鋲ジャン着てたし。しかしタトゥーもクスリも経験ありません。

肯定派か否定派か

これに関しては果てしなくどっちでも良いです。私に関係なければの話ですが。やりたい人はやりゃ良いしやりたくなきゃやらなきゃ良い。タトゥー入れてる人が恐いかと言えば恐くないしタトゥー入れてなくてもキ〇ガイはいるしね。関係ないから肯定も否定もしません。ふ〜ん、てなもんですね。絵が下手くそだなぁって人はたまにいるけど。

感覚の違い

肯定派と否定派のそもそもの感覚が違うから何言っても分かり合えないだろうね。分かり合う必要も無いしね。変に交わるから揉めるのです。それぞれの世界で生きれば良い。タトゥーそのものが迷惑かけてるわけじゃないし。タトゥー入れてる奴らの犯罪率が異常に高いっつうなら問題だけど今のタトゥーってそんな事ないでしょ。ファッション的なタトゥーとヤクザの刺青は入れる思想が違うと思うしね。

ウチのチビが将来入れたいと言った場合

話し合いです。止めますね。理由は簡単。とりあえずそういう環境に身を置くなという事ですね。私は双方の環境を経験している。そして今、どちらの環境で自身が「得」をしているのかと言えば、タトゥーの無い環境だ。どちらの環境で今後「得」をするのか。そこが論点ね。例えばチビが何らかのアーティストになりたい、タトゥーで人助けが出来る、市場や利益率を考えるとビジネスとして成り立つ、その世界で死ぬまで頑張るという覚悟があるなら反対はしない。しかしその環境でちゃんと儲けている人間がどれほどいるのか。昔のバンド仲間はいい歳こいて未だにPUNKだが生活は悲惨。タトゥーを入れていても問題ない環境で果たしてどれだけの事が出来るのか。

まとめ

男の生涯って何なんでしょう。やはり仕事ではないかな?仕事しないと飯食えないからね。一般的には家族を持って何不自由無く家族を食わせるのが男の役目だと思うのね。この考え方も賛否両論あるんだろうけど。一生独身で子供も要らない自由人やるなら何でも良いかもしんないけど、そうはいかないよね。

最終的にタトゥー入れてる50~60歳で羽振りのいい人や成功してる人、周りにいないんですよ。私が知らないだけかもしれないけど私が知るぐらいもっと居ても良いんじゃないかな?なんて思うのです。成功って何だ!成功なんてしなくて良い!なんて意見はいらない。私はチビに年齢相応の年収が取れるように教える義務がある。いい歳こいてボロボロの生活をさせるわけにはいかない。

だから肯定派の人達、タトゥーだらけで早く成功して否定派の人達を見返してやってくれ。私もそういう人を目の当たりにすれば、チビに選択肢としてこういうのもあると説明が出来る。

よろしこ。