読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

最近私がオタクと呼ばれる人達に対して好意的になれない理由

オタクと言っても今はかなりのカテゴリで分けられていて色々あるんだろう。アニメ、戦隊モノ、鉄道やゲーム、かく言う私もギターに関してはオタクになるのかもしれない。アニメなどは私は全く分からない。まどマギガルパンなんかはネットで話題になってるから、一回観てみたいなぁとは思うがまだ観るに至っていない。観たら観たで面白いんだろうね。そういうのが好き、というファンの方達に対して私はどうこう思わない。むしろ何も知らない私のような人間が観ても面白い、オススメの作品があれば教えて欲しいくらいだ。

オタクとは何なのか。ウィッキー先生に聞いてみた。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8F
おたく - Wikipedia

うむ。めんどくさくて途中で読むのをやめたが、

俗には、萌えや秋葉系といったキーワードと強く結び付けられることがある。

まぁ全く知識のない我々が認識するのはこういう事なんだろうね。そしてもう一度言うけど、その好きな事に関してアニメだろうが電車だろうが私は全く何も思わない。個人の自由だしそれだけ好きになれる事があるのならそれはそれで羨ましい事だよね。内に向かって好きであるのは誰にも迷惑を掛けていないのでそれは自己責任で好きにすれば良いと思う。しかし、我々何も分からない人間がそのオタクと関わる場合が少しながらある。私が好意的になれないオタクを例に出そう。

ウチのチビは3歳。今は仮面ライダーに夢中。少し前は仮面ライダードライブ、今は仮面ライダーゴーストなんだけど、ゲームセンターで仮面ライダーのカードゲームがある。私はよく分からないんだけど、アイコンをスキャンしながらカードを前後に擦って敵に攻撃するゲーム。チビも内容は分かっていないはずだけど、派手な戦闘シーンが見たいからそのゲームが好きなんだろう、よく私が付き添ってやる。

そこでだ。どこのゲームセンターでも必ずいるんだけど、大人が陣取ってずっと離れない。見ると通信機能があって対戦してるのかランキングがあるのかは知らないけど、子供が並んでいるのにカード手帳みたいな物を広げてずっとやっている。昨日もそういう人がいたので20分くらいは待ってたんだけど、さすがに子供が4~5人並んでいるのを見て声を掛けた。沢山並んでるから一回終わったら次は並び直して小さい子に譲ってやれと。誰もいなければ連続してやればいい。返事もせずに片付けてどこかに行った。

金を出しているんだから、仮面ライダーは子供だけの物じゃないというのは分かる。好きにすれば良いけどさ、周りを見ろと思うのね。こうやって書くと「親バカ乙」とか「モンスターペアレンツ」とか言われるんだろうけど、私の認識で言うと仮面ライダーは子供の遊び。大人はその子供を優先的に遊ばせてあげる心があって然るべきだと私は思う。小さい子供がみんな黙って我慢してるのははっきり言って見てられない。そのオタクらしき人物を追い出した後、他のお母さん方にお礼を言われた。

我々はオタクがどんな人達なのかは分からない。しかしながらそういう人達はやはり風貌で共通点があるのね。オタクの人達が全員そういう人ではないのは分かるけど、ああいう風貌でそういう目立つ行為をしていると「オタク=何か変なの」という式が私の中で成り立つ。「煙草ポイ捨てする=煙草吸うやつキチ〇イ」みたいなものだろう。偏見で申し訳ない。

何をどうしろという話じゃない。ある一定の偏見があるのはそれなりの理由があるんじゃねーかなーと。関わる場所が無いから今までは別に気にしなかったけどね。今私が関わるのはその仮面ライダーの時だけだし。良い人ももちろんいるんだろうけどね。周りに気を遣えバカという話じゃなくてね、こういう人って損するよなぁというお話。サッと譲ってあげたら凄い印象良いのに。そして私はこれからも変なのがいると注意します。仮面ライダーグレイトフルに変身します。ハゲてるけど。おちょいアイコン作ってください。