読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

男が女性に花を贈る感情

私は結構女性に花を贈るんですよ。カッコつけとかキザとか、好きだ!とか愛してる!とかじゃなくてね。一定の距離感がある深い関係ではない女性に対して感謝やありがとうを伝える時に花を使います。これって抵抗ある男が多いけど普通に渡せば喜んで貰えますよ。

f:id:kopelani:20160504171136j:image
こうやって渡そうとするから照れるんです。

何故花を使うのか。それは相手に気を遣わせない金額であるというのが一つ、もう一つは枯れて無くなるという事ですね。変に残らない。だから私は女性に何かを贈る時は食べ物か花で感謝を伝えます。嫁ちゃんと付き合ってる時もよく花をあげてました。花束とかじゃなくても良いんですよ。今は花屋さんが小さくまとめて可愛くしてくれるから。

なので私はハゲデブクソジジイの癖に行きつけの花屋が何軒かあるのです(笑) 我々くらいの年齢になると、女性に限らず会社立ち上げやら新規店舗やらお葬式やらと花屋に用事がある事が多いので、30歳超えたあたりから「知ってる花屋さん」はあった方が便利かもね。一見さんより納期的な無理も聞いてくれるしね。

そして知ってる花屋さんがあれば、女性の年齢とその人のイメージと予算を伝えればそういう花を可愛くアレンジしてくれるしね。手軽。相手に対して重いの怖いじゃん?(笑) だから付き合うとかそんなんじゃないけどお世話になって感謝を伝えたい時は花は結構使えるよというお話でした。

プレゼントってさ、普段使うものも嬉しいけど、自分じゃ普段買わない物も嬉しいよね。花ってその位置にあると思ってます。5000円も出しゃすげえボリュームだしね(笑)

最近嫁ちゃんと喧嘩が多いから今度久しぶりに花を買って帰ろう。