読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

パチンカス脳(スロッター)

私の周りには結構な数のパチンカスがいる。年齢も若いのからジジイまで様々だ。私もお客さんが行きたいと言えば一緒に行くし、職人が行きましょうよーと言えば話のネタに一緒に行く。仕事の移動中にウ〇コしたくなったらパチンコ屋に行く。トイレ綺麗だしね(笑) 一緒に行くとそこでパチンカスを目の当たりにするのだが、コイツらの感覚についていつも興味深く観察し、そして飯を食いながらインタビューする。

 

f:id:kopelani:20160510231305p:plain

 

先に私の感覚を書いておこう。私は忙しいので別に行かなくとも禁断症状なんてないし、行ったとしても「負けても良い金額」の設定をまず始めにする。例えば私の設定金額は、時間つぶしなら1万円、コイツら長く打とうとしてるなと思ったら2万円だ。その根拠は、ギャンブルとして捉えての遊び代としての1万円、これは別に還って来なくて良い1万円。長丁場の2万円に関しては、それ以上突っ込むと回収が難しいだろうという設定だ。だからあまり負けない。ギャンブルなんてものは所詮引き際だと思っている。

パチンカス脳

  • まず金が無いくせに何故行くのか

彼らはパチンコ屋に入るまで、千円で掛かると本気で思っているらしい。もう一度言おう。彼等は本気だ。そして当たり前のように千円では当たらない。そして次の当たるだろうと予知する金額は6千円。何故こんな中途半端な金額かというと、千円で借りる事が出来るコインの数が50枚、6千円で300枚。この300枚というのは一回の大当たりで取得出来る枚数で、BIG(大当たり)一回分突っ込めば大体大当たりが引けるそうだ。で、当たったの?と聞くと当たってない。当たるわけねーだろバカ。

  • 投資6千円を超えるとどうなるのか

彼らは現実主義者なのだ。投資6千円を超えると勝つという夢なんて見ない。その6千円を回収しようと思考が瞬時に切り替わる。7千円から先は、その6千円を回収するための投資に切り替わる。しかしすぐに投資が1万円を超えてしまうのだ。1万円を回収するには大当たりが3回、コインを500枚以上獲得せねばいけない。しかも今からまだ投資を重ねなければならない。あと千円で大当たりが引ける保障などどこにもない。その証拠が、まさに今投資している1万円だ。

  • 1万円を回収する方法へシフト

現実主義者である彼らは、シコシコと300枚ずつ出る台に三下り半を突きつけ、一撃1,000枚という勝負に出る。投資500枚に対して当たれば1000枚。500枚プラス。そう、1万円プラスで終わる事が出来るのだ。しかし確率は悪くなる。当たり前だ。しかし現実主義者である彼らは確率など見ない。関係ない。彼らが見ているのはただ一つ。

「必ず1万円を取り返してやる」

それだけである。

  • まだ見ぬ黄金郷はすぐそこに

大量獲得パチスロには天井というものがあり、大体1,000ゲーム。当たり無しで1,000ゲーム回すと無条件に大当たりを引く事が出来る。しかしスロットは一回まわすのに3枚メダルが必要なので、小役という払い出しを入れれば千円で25~30ゲームほどしか回らない。0ゲームから計算すると単純計算で3万円以上投資が必要となる。しかし現実主義者の彼らはそんなヘマはしない。500~600ゲームで捨ててある台を探してそれを打つのだ。ここでも彼らは夢を見ない。天井まで打たずとも700ゲームくらいで大当たりが引けると確信している。100ゲームだけなら投資は3000円。総投資13,000円で大量獲得大当たりが引けるのだ。簡単簡単。

  • 黄金郷それは蜃気楼

気付けば投資は3万円。天井目前だ。そこにオアシスはある。投資が3万円を超えていようと、そこにあるオアシスをしっかりと見定め、追加投資の事など全く気にしない。千円札などトイレットペーパーほどの扱いだ。現実主義者の彼らはこの時すでに脳内が完全にエンドルフィンでタプンタプンになっており、目は虚ろ、そして金の価値など脳からは消え去り、目の前の「777」だけを見つめている。狂っている。彼らが目指しているのは当初の1,000枚ではない。5,000枚だ。5,000枚。10万円。10万円?そしてその時、黄金郷は来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kopelani:20160510230458j:plain

 

  • 死亡

どうやら夢から醒めたようだ。熱く闘った疲労感が半端無い。パネえ。200枚。4,000円だ。繰り返し説明するが4,000円などこの時の彼らにとって便所紙程度の金銭感覚だ。パチスロメーカーによって準備された「天国モード」「チャンスゾーン」というただのボットン便所に彼らは4,000円を躊躇いなく流すことになる。そして薄れゆく意識の中、完全に瞳孔が開いた目で彼らはパチンコ屋を後にし、松屋豚丼並を食べて帰路につく。

まとめ

パチスロやパチンコなんてただの確率だからね。適度に楽しむものです。

 

追伸:増田とかブコメとか色々見てたら変に気を遣うのバカバカしくなったのでブックマーク戻しました。新参だろうが互助会だろうが関係ねえ。