ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

音楽って想いや気が音に乗ると私は思っておりまして


ベッキー違約金、ゲス川谷が5億円の一部負担案も…立ち消えに (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 
私が大昔バンドをしていた頃勝手に思っていたこと。ライブハウスでお客さんが2〜3人でも、すげえカッコ良いバンドってたまにいるんですよ。お客さんパンパンでも超盛り下がるバンドもいるしね。んで何でだろって考えてたんです。すげえ音を出すバンドってお客さんが沢山いるいないは関係ないよなぁなんて。
 
そこで思ったのは、「想い」であり「気迫」なんじゃないかなと。ステージと客席って基本的に分かれてるから、そのバンドの「気」をステージから客席側に押し出す作業。ステージにだけしかバンド(自分達)の「気」と「音」を作れないバンドって空気が凄く冷たいんですね。すみませんね抽象的で(笑) 観てても客席の空気がスカスカのバンドあるでしょ? そういうバンド観るといつもこの事を思ってました。
 
だから私がやっていたバンドはハードコアだったので、ギター・ベースの一音一音、スネアの一発、声、全てに怒りを乗せて演奏していました。頭の血管切れるぐらい、ヨダレを垂らしながらね(笑) 客席まで自分たちの空気を充満させる事に集中していたように思います。そこそこ名前が知れる存在にはなりましたよ(笑) まぁ良い思い出&黒歴史というやつですね(笑) 絶対バレたくありませんわ(笑)
 
んでゲスの人の話ね。上記リンクのニュースが本当か嘘かなんて知らないけど、一連の流れ見てるとこのゲスの人は卑怯な人だなぁという印象。バンドマンってクズが多いけど売れる音楽を作る人ってピュアな人が多いイメージだったからちょっと意外。こんなセコイとこ見てこの人の音楽に入り込めるのかね。何て言うんでしょう、セコさが音に乗るんじゃねえの?なんて思いましたけどね。
 
まぁ気持ちを籠めるというのは何も音楽だけではなくて仕事でもこのブログでも同じだと思うのですよ。独特の世界観を持ったブログってやっぱ引き込まれるというか、その書き手の空気に飲まれるよね。文章が上手いとか下手とか長いとか短いじゃなくてね。写真だけでも何かすげーなーなんて思う方がいます。口だけで喋る人のように、テクニックに頼る人の文章はやはり最後まで読めない。
 
私は、ここでは思った事を話すように文章にしてるわけですが、まぁなるべくちゃんと伝わるように気を遣って書いてます。伝わってないけど(笑) 炎上してるのを見かけたら「あぁ、また伝わってねぇなぁ...」と思って頂いて結構です(笑) つらいわー(笑)