ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

ブラック企業関連の記事を読むといつもモヤモヤしたものが発生するのは何故か

nlab.itmedia.co.jp

この記事を読んで思ったのは「好きにすりゃ良いじゃん」それだけだよね。幸い私の会社には優秀な人間しかいない。無能なのは私だけだ...(キリッ 無能は無能なりに成果をあげれば良い。その成果は金なのか効率なのか新規取引先なのか、それは各自の仕事内容に準じてこなしていけば良い。自分がいる事で会社がプラスになっていればそれで良いのだ。どれだけプラスでなければいけないのかはその会社によるし経営者による。

基本的に大手はコンプライアンスを重視するから上記記事のような所謂「ブラック業務」はないんでしょ?ワ〇ミとかたかの〇梨とかはそうだったみたいだけど。私は大手に勤めた事が無いから知らないんだけどね。中小や零細に多いイメージよね。そして営業職に多いような気がする。ウチの業界ではあまり聞かないけどね。こういうブラック的な話はね。

んで私がブラック企業系の記事を読んでいつも思うのは従業員目線のものが殆どだなーなんて思うのね。この記事もそうだよね。残業やってるし!ほれ!証拠!これ!ってアプリなんでしょ?まぁ良いんだけどね。ただね、ちゃんと仕事して利益上げてくる人間ってあんまりこういう事言わないし興味ないのですよ。会社に自分が必要なの分かってるし経営者もそれを分かってるしね。なので私は早く帰ろうが休もうが別に構わないんですよ。「ちゃんと仕事をこなしていれば」の話ね。

で、こういうややこしい事考えてる人間って、仕事しないとは言いませんけどもなんかダラダラ残業してるわけですよ。自分の足りない部分を残業で埋めてるわけでしょ?週休二日で9時~17時で帰れば良いんですよ。こっちも仕事してる人間に無駄な残業するな帰れとは言えないのですよ。頑張ってるなら良いんです。しかし、しかしですよ。極端な話、営業成績ゼロで「ボク頑張ってるんです!残業もやって!こんなに!残業代!」って言われても「え?まじで?」となりますよ。

結局こういう話ってさ、経営者側と従業員それぞれの考えにギャップがあるわけですよ。経営者は「成果」を求めてるのに対して従業員は「労働」を提供してるわけでしょ?ブラック企業がどんな事を従業員に求めてるのかは知りませんが、経営者もそんなに無茶ブリしてるわけではないのだと思うのです。毎月の経費と借り入れがあるなら返済、それを賄うには毎月最低これぐらいの収入が無いとダメだから、営業はこれだけ売ってきてくれ、作業員はこれだけの作業をこなしてくれ、経理や総務には無駄な何かを削減できる提案ない?と。

従業員にだけ仕事させて利益上げてるのに、経営者がベンツ乗り回して遊んで金使ってんならそんな経営者氏ねよと思いますが、そんな会社ばっかじゃないと思いますけどね。少なくとも私の周りにはそんな会社・経営者は居ないです。でもこれだけブラックブラックって言ってるってことはあるんだろうけど本当なのかなぁなんていつも思うんですよ。良い会社の中の仕事しない従業員が文句言ってるのをいつも見てるとね。

やらないといけない仕事は残業してやれば良い。それがその先の利益に繋がる仕事であれば。頑張ってるアピールの残業なら帰ってくれ。それをしっかりお互い理解するためにノルマや報告があるわけだしね。ノルマ達成できません、報告しません、残業代はこのアプリに入ってます?お願いですから成果も一緒に提出して下さい。見合っているのなら経営者が罰を受けるべき。

 

そんな状況で震えて眠らないといけない経営者が増えるなんてそんなのあんまりです。