読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

何でそんなにフラッシュモブが気持ち悪いのか

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

フラッシュモブが話題ですねぇ。私も記事読みました。そして素直な感想はこの新婦が何故こんなに「この状況の」フラッシュモブを嫌うのかが全く分からない。関連記事とかこれに対するコメントとか読んで何回か考えてみたけどマジで分からない。アスペなの?私はもしかしてアスペなの?え?マジで?

私もリア充のウェイウェイパーリナイ的なノリは好きではない。どちらかというとそっとしておいて欲しいタイプの人間だ。しかし結婚式となると放っておいてくれとは言えない。私たち結婚します、幸せになります、お父さんお母さんありがとう的なお披露目会だからだ。完全に自分たちが、言わば脅迫のように招待状を送り付け、「NO」とは言い辛い状況を作り、御祝儀という名の結婚式費用回収制度を無言の圧力で押しつけ、そして集まったオーディエンスに自分たちの生い立ちのビデオを見せながら飯を食う。素晴らしいじゃないか。

まぁこういう結婚式やらお誕生日会やらリッツパーティーやらの、自分が主役の会は私は好きじゃない。照れくさい。そういう考え方でこのフラッシュモブの記事を読んだのだが、かなりの違和感を覚えたので全力で釣られながら書いていこう。

この新婦はサプライズやフラッシュモブは嫌いだと予め伝えていたとの事。なのに新郎直接の責任では無いにしろ、結果的にはフラッシュモブが始まって花束を渡され、嫌すぎて号泣して離婚にまで発展してしまったのだそうだ。私の違和感は、踊っているのは来てくれた友人であり新郎であって、新婦は見ているだけなのに何故そこまで嫌悪感を抱くのか。善意の押しつけ、さぁ喜べという脅迫であると書いてあるが、見てるだけなら何もそんなに発狂しなくても良いんじゃない?と思うのだ。

「さぁ!新婦も踊って!さぁ!」って言われてみんなの前でいきなり踊らされたわけでもあるまいに。そんな事されたら私もキレる。それは分かる。でもフラッシュモブ後に花束を受け取ったとだけ書いてある。考えてみよう。結婚式である。何をしようが神輿の一番上で見られている立場だ。そこで友人や新郎がフラッシュモブをして花束を渡そうが全裸でケツからカーネーションを出そうが、新婦への注目や羞恥に変わりはない。もう一度言うが、そこで新婦にフラッシュモブ的な何かをしろと要求されたなら別の話だ。

www.youtube.com

これは私も最悪だと思う。今見てて吐きそうになった。さぁ踊ろう的なものと不特定多数の人の前でプロポーズをして断り辛い状況にしている。これが脅迫なのは分かる。

まぁフラッシュモブのあのワザとらしい笑顔が気持ち悪いとか、振付がサム過ぎてこっちまで恥ずかしくなるのは分かるけど、結婚式を盛り上げようと友人が時間作って打ち合わせしたり練習してくれたりした「気持ち」は素直に喜んであげれば良いのにって思いますけどね。文章を読んでると、悪戯に新婦に辱めを受けさせてやろうという企画じゃないわけだしね。

フラッシュモブをやるなと言ったのにやった」から離婚に発展したんだろうけど、この場合は許せる範囲だと思いますけどね。「花束を受け取っただけ」で「自分は見てるだけ」だったならね。

プロポーズのフラッシュモブは気持ち悪いけど、不特定多数の人を喜ばせるフラッシュモブは良いと思います。私は。

www.youtube.com

 

アスペのおちょいでした。