読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

努力すれば夢は叶うのか

期待なんてするんじゃない。努力したところで夢など叶うはずはない。努力とは何だ。その度合いなど個人の主観ではないのか。腹筋100回か?1000回か?10000回やったところでその努力は夢に貢献するのか?それでも出来ることから頑張っていますだと?夢に向かって闇雲に努力をしたところでそんなものは無駄だと早く気付いた方が良い。夢なんてものは所詮夢だ。ちゃんと現実を見て自分の能力を把握しろ。夢は叶う。そんなものは目標を掴んだ実力者が我々凡人へ贈る慈悲の言葉であると理解した方が良い。

 

話は変わるが私が10数年前、こんな会社と取引出来たら良いなぁといつも注視していた業界大手、ウチとは規模が天と地ほど離れた企業があるのだが、昨日そこから営業の講師として来てくれないかと打診があった。大手には聞こえないユーザーの生の声、大手が考える販売方法と実際買う側の思考のズレを修正したいとの事。もちろんそこから取引について前向きに話を進めたいとの事だ。イメージしやすい様に説明すると、街の電気屋が舛添からエスティマで湯河原に呼び出されて一杯やりながら一緒にソーラーで売電事業やろうよと言われてるようなものである。なにそれこわい。

 

貴様らに教えてやろう。夢だと思うから叶わんのだ。全てが現実だ。アイドルになりたいのか政治家になりたいのか社長になりたいのかブログ飯食いたいのかは知らんが、とりあえず足を前に出せばいつかはそこには辿り着く。1,000kmの道のりを時速1cmで進めば死ぬまで辿り着かんが、時速100kmで進めば10時間で着く。夢を見ず足を前に出すのだ。

 

有名大学出の連中はせっかく近道とそこに辿り着くまでの手段が用意されているのに、どうやら最近は本気の奴らが少ないようだ。効率だと?そんなものは知らん。私は徒歩と走るのみだ。サボる奴はサボれば良いし遊びたい奴は遊べば良い。その間に私は先に行かせてもらうよ。辿り着けるかどうかは知らん。有名大学出の奴らと違って、私の足はもうボロボロだ。

 

 もう眠いよパトラッシュ