ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

ここ「はてな」でブログを始めて面白いブログって何なのかをずっと考えてたんだが

今日トイアンナさんの生存者バイアスの記事を読んで解放された。目から鱗が落ちた。私はずっとお金がないと嘆きながら文句ばかり垂れ流す人間に嫌悪感を抱き続けていたわけだがこれでもう終わった。そういう人間が多いからかなりのストレスだったのだがそれは自分の考え方が偏っていたのだと気付かされた。押しつけは良くないと口では言いながら、勝手に相手を判断し勝手にレッテルを貼り勝手に嫌悪し勝手にストレスを感じていたのだ。理解しようとしない相手に対して、ある種の歯がゆさや苛立ちのようなもを「勝手に」自分で感じていたのだ。言葉にはしない私の中の自己主張だったのだと猛省した。邪念が取れた分かなり頭がスッキリした。トイアンナさんありがとう。

そこで思ったのが「面白いブログ」とは何なのか。互助会云々でよく「面白い」について議論されてるけど、今日トイアンナさんの記事を読んで思ったのは、私が思う「面白いブログ」というのは「読んだら得をする」ブログなんだなと思った。ジャンルは関係ない。所謂「笑い」でもその記事を読んで、笑えれば「得をした」ことになる。逆に、その文章の中で自分が嫌いな言葉や表現があると、途端にそのブログに対して嫌悪感や損した気分になるわけだ。ブログを読む人たちは「得したくて」読んでいるし「得できる」書き手を探している。そう考えると「読んで得する」と感じるブロガーって殆どいないような気がする。「得すると見せかける」のが上手いブロガーは多いけどね。

とは言っても、私はずっと得をしたくて他の方のブログを読んでいるわけじゃない。「面白さ」についてそこだけを見てない。その人の考え方や言葉、背景、人間性(作り物可)も「面白さ」に反映される。PVとか収益はもう読むだけめんどくさいから読まない。私がそこに興味を抱いてるなら別だけどね。キーワードとか皆が興味を持つ内容を考えてるんだろうなぁと分かった時点で「スケベ心」が見えて萎える。やはり私が思うのは群れずに黙々と面白い事を書いたり読者に得をさせているブロガーがカッコいいなぁと思います。

こう考えるとブログで飯を食うなんてやはり難しいと私は思うけどね。小手先のテクニックなんて絶対長続きしない。「得」を無料でバラ撒き続けられるクリエイティブな能力。んな事出来る人はブログで飯なんて食ってないよね。

まぁ自由だからやりたきゃやりゃ良いんですけどね(笑)

もっと「面白いブログ」に出会って「得」したいです。