ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

我々が若い頃には必ずいた「悪い奴ら」は一体どこに行ったのか

今職人がいない。人が足りない。そして圧倒的に若い世代の職人がいない。いるのか?いや、いないはずだ。現場で20代の職人を殆ど見ない。

我々の世代での悪い奴ら、所謂ヤンキーと呼ばれていた連中は、筋の方に行くか職人に行くかで大体決まっていた。中学校を出てすぐ、若しくは高校を中退して職人の道を選んでいた。厳しい(ある意味暴力的な)世界なのでそういう根性のある人間がその世界を受け継いでいた。

そしてそのヤンキー達は、学校では全く勉強をしないが、職人の世界で頭角を現す人間が多い、というかそういう人間が殆どである。当たり前だ。出来る職人は頭が良い。有名大学出の現場監督より中卒の職人の方が頭が切れる。若い頃から現場にいるから、経験も武器となっている。

しかし今、若い職人がいない。それは安い日当が原因なのか、はたまたあの厳しい世界に耐えうる若者がいないのか。我々が若い頃に必ずいたヤンキーがいないのか。そんな訳ない。考えられるのは、今のヤンキーは職人とは違う何かをしているはずだ。

何をしてるんだ。どこにいるんだ。職人は普通の子じゃ駄目なんだ。ヤンキーじゃないと。肩パンやケツ蹴られたぐらいで辞める人間じゃ駄目なんだ。君たちの力が必要なんだ。私は、ヤンキーが本当は結構真面目で、照れ屋で、勉強熱心で、ゴールを決めると諦めずに突っ走るのを知っている。そして一人前になった職人は誰よりもカッコイイ事を知っている。

小奇麗なOLやギャルが「この店超可愛いよね♡」なんて言ってる店は全て汚くてカッコイイ職人が作っているんだ。今の職人は高齢化で皆疲れてるんだ。

どこに行ったんだ。何してるんだ。居場所はここにあるからこっちに来てくれ。

 

肩パンされるけど。