ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

オッサンになると何故セカンドバッグがアリになるのか

私も若い頃はオッサンがセカンドバッグ小脇に抱えて小走りで走ってるオッサンを見ると「おいーwwwwwwwwおいーwwwwwwwww何だよその小せえバッグはよwwwwwwww何が入ってんだよwwwwwwwwww札束か?wwwww札束ても入ってんのか?wwwwwwwお?wwwwwローターでも入れてんじゃねーか?おいwwwwwwwエロすぐるwwwwwwwwエロすぐるううううwwwwwwww」などと思っていたものだ。あの時にバカにしてしまったオッサン達に全力で謝りたい。サーセンした。サーセンしたあああああああああ!!!

今私はそのオッサンになった。そして告白しよう。セカンドバッグがあれば便利だなと思ってしまっているのでその経緯を書いていこう。全てのオッサンに当てはまる訳では無い。今のところ私が、である。

そもそも若い頃と今では持ち物と服装が変わっている。財布は若い頃から革製だがケツのポケットに入れていた。今はスーツの上着の内ポケットに入れている。そして鍵類。これもチェーンと共に腰にぶら下げていた。今はキーケース。そして携帯。昔はこれもポケットに入れていたが今はスマホガラケーの2台持ちである。あとタバコとジッポーライターだ。分かりやすいように箇条書きにしてみよう。

 

・ 財布

・ キーケース

・ 携帯電話2台

・ タバコとライター

 

以上がいつ何時も必要なものだ。若い頃はこれを全てポケットに収まる服装をしていたが今はスーツだ。厳密に言えばスーツもポケットがあるにはあるが、これを全てポケットに入れるとスーツがボコボコ膨らんで見られたものではない。なので財布以外は手に持っている。カバンを持っている時はカバンに入れれば良いが、ちょっとその辺をブラっとなんて時に革のダレスなど持ち歩きたくない。いっそ上着も着たくない時など全部バラで上記の物を手に持っている。

 

バラバラで超ウザいんですけど?

 

この時である。小ぶりなセカンドバッグが頭の中を駆け巡る。葛藤だ。別にオーストリッチのやつ持つわけじゃないじゃん。Amazonチラッと見たりなんかして?ダメ?あれダメ?このバラバラの荷物超ウザいんですけど?嫁ちゃんに聞いてみる?セカンドバッグなんだけど。え?ダメなの?まさかというかやはりと言うか嫁ちゃんのNG出ました。でも本当にあのバラバラの小物嫌なんだよ!

どうすんの?!俺どうしたら良いの?!これこの2~3年ずっと悩んでんのよ!ダンディズムは痩せ我慢てのは分かってるけどあれ全部バラバラで持ってるのがダンディズムなのか?!

そして今オッサンの三途の川に片足を突っ込んでいるのである。

 

to be continued…