読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっこちょこいのブログ

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

喫煙者はゴミだが飲酒に関しては寛容である今の世の中

今日は出張なので早朝から新幹線に乗り、今は特急電車に乗っている。この特急は「完全な密閉空間のため、完全な分煙をすることが困難である」という理由で喫煙ルームが無いらしい。まぁ3時間程度なので別に吸わなくても問題はない。先は長いので本でも読んでなどと思っていると、中高年のツアーだろうか、今乗っている車両に団体客が入ってきた。皆楽しそうでよろしい。私は再び本に気持ちを戻した。

1時間ほどしただろうか、団体客は朝から酒を飲みだした。背後からの話し声で「こういう時だから良いよね〜」らしい。最初は普通に楽しんでいたので私も細かい事は言わない。別に気になどとめなかったが、酔っ払いは何故か次第に声が大きくなってゆく。いつも思うのは酒を飲む奴は周囲に気を遣う神経が切れる作用があるのではなかろうか。デカい声、フラフラと歩き座席に衝突、アルコール独特の臭い息、横柄な態度。

私は酒を飲まないのでこの世から酒が無くなっても全く困らない。この特急だけに関して言えばどうだろうか。座席で吸いたいと言うのならいざ知らず喫煙ルームでさえも設けて貰えない。しかしアルコールモンスターはギャーギャーと自身の理性を破壊し騒ぎながら臭い息を吐き続ける。一体全体これは何だ。喫煙ルームさえダメなのか。喫煙ルームで吸って身体に付着した煙が副流煙として害を与えているのか。煙草は害でアルコールは害ではないのか。

 

煙草 → 臭い

飲酒 → 臭い

 

周囲への害

煙草 → 副流煙による肺がんのリスク

飲酒 → 飲酒運転による事故や事件

              声がデカくてうるさい

              所構わずゲロを吐く

              所構わず立ちションする

              所構わず部長を胴上げする

              女の子に強い酒飲ませて暴行した後、合意だったと動画をばらまく

 

我慢汁

煙草 → 吸う所無きゃ無いでまぁまぁ我慢できる。

飲酒 → 電車で缶ビールとか缶チューハイ飲んでるオッサン超キモイんですけど

 

どうだ。別に所構わず吸わせろと言っているのではない。酒を飲むのは一般的で喫煙者はゴミカスであるという印象が納得いかない。もっと言えば酒を飲まない人の方が「人生半分損してる」とか言う奴がいる。してねーし。損なんかしてねーしな!バーカバーカ!こちとらシラフで酔っ払ってるぐらいのテンション維持出来るんだよ!

 

まとめ

酒を廃止しろという話ではない。どうだ。取引しないか?飲酒について俺はグッと堪えるから、喫煙についてそんなにそこまで何でそんなに言われなアカンねん系の批判はもうやめにしないか?ちゃんとルールは守って喫煙ルームとか喫煙所で吸うじゃないか。いや、吸わせて頂きますから。無条件にゴミグズと決めてかかるのは勘弁してくれないか。