読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

「出会いが無い」という理由で彼氏彼女が出来ない人は基本的に素敵な人には出会えない

出会いは自分で作るもんなんだよ!なんて陳腐なセリフを吐くつもりは毛頭ない(ハゲではない)しUNIQLO買い漁ってイケてるコーデについて語るつもりも全くない。私が言いたいのは「出会いが無い」と言っている人達の言う「出会い」の定義は大抵、白馬に乗った細マッチョイケメンないし黒髪ツインテール美処女が「向こうから」自分に興味をもってくれる事を「出会い」だと思っているのではないか、ということである。

イケメン・ブ男、可愛い・ブスというのは、人それぞれの主観である。誰が見てもイケメン・可愛い子が石を投げれば当たるほどウロウロしているわけではない。もっと言えばそんな高級官僚のような人達が「向こうから」興味を持ってくれるなど、端から期待する方がおかしい。そういう人達と近付きたいならそれこそUNIQLOを買い漁ってコーデを勉強し、アプローチすべきである。

しかしながら「出会いが無い」と言っている連中は自分から動こうとはしない人達、少し高望みしているのではないかと私は推測する。外に出れば年齢は違えど男と女がいる。完全に男ばかりの所、女ばかりの所にいるなど有り得ない。いつでもどこでも男と女は居るのである。

要は「相手の良いところを見つけようとする癖」が無い人は、「あ、この人なんか良いな」と思う機会を知らずに放棄している。魅力とは顔やスタイルだけではない。話し方や仕草、雰囲気や考え方と色々あるのだ。人をよく観察し、良いところを探していると魅力的な異性は腐るほどいる。「出会いが無い人達」は本当に良い男や良い女を見過ごしている。

自分だけが知っている相手の可愛い所、素敵な所。そんな異性と付き合えれば、表面的な愛情ではなく、もっと深いところで相手を知りながら長く付き合えるのではないかと私は思う。

 

多少太っていてもハゲていても短足でも気にならないだろう。

 

知らんけど。