ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

金が無い奴は絶望してる暇があったら環境を変えろ

金が無い連中の周りをウロウロしてたって金なんか掴めるわけがない。金が無い奴の友達は金が無いんだ。バカの友達はバカなんだ。と、いうことはだ。金持ってる奴の友達は金を持ってるんだ。その周辺や場所に如何にして自分が立つか。そこが問題だ。

私は若い頃、バンドをやっていた為、色んな仕事(バイト)を転々とした。大工、工事現場、鉄工所、着ぐるみetc ここにベンツを乗り回すような裕福な人間など一人もいなかった。一日の稼ぎで酒を飲み、パチンコをし、女を買う。私の周りは絵に描いたようなその日暮らしの毎日。私もそれが特別な事ではなく普通であり、特に何も思わなかったしこのまま年を取るんだろうと漠然と思っていた。

しかしある日突然、私は「このままでは多分ダメだ」と思い立ち、全てを変えようと行動した。何に感化されたわけではない。突然思った。髪をカットし、スーツを買って一般企業に潜り込んだのだ。当然ながら何も分からない。パソコン使えない・一般常識など「ウマいんすかそれ」レベルである。かなり虐められたし超絶ブラック企業であった。仕事山盛り残業代出ない洗車させられながら会社に金が無くて支払い出来ないからお前アコムで金借りてこいみたいな会社だった。

今ではよくやっていたなと思うが、その時はそれがヤバい会社だと気付かなかった。ホワイトな会社を知らないから。こんなもんなんだろうと思ってやっていたのだ。バカが一番強いな。なぜそんなクソ会社を辞めなかったのか、それはパイセンがムカつくからだ。「怒り」がモチベーションの私は「コイツより偉くなってやる」という幼稚園児が「将来は社長になりたいです!」みたいな思考で鬼のような業務をこなしたし勉強もした。そこで色んな良い人達にも出会い、この言葉を聞いたのだ。

「社長の友達は社長だ」

なるほどと思った。そこからは社長にターゲットを絞る。どんなに小さな会社でも良い。仲が良くなれば社長の考え方や社長の人脈、社長の行動や歴史について教えてくれと頼んで回った。完全に変な奴である。しかしながら社長は変な人が多いし変な奴が好きだ。「オモロい奴おるで」と数珠繋ぎに紹介してもらった。もちろん「仕事」という手土産は忘れずに。そこで学んだのは仕事は当たり前だが考え方や行動の仕方や判断の仕方、くだらない事では、財布の中身や金額、カバンのメーカー、スーツのブランド、飲み屋の女を孕ませてしまって超ヤバいんですけどその他諸々である。

そして私は一つ一つ、仕事を頑張っては財布を買い、カバンを買い、財布の金額を合わせたり誰かと食事をすればこちらが出すといった事を少しずつ覚えて行った。必要なら借金をしてでも買ったし払った。それは「欲しい物」ではない。「必要なもの」だ。この時すでに、昔の自分とは完全に差をつけていたのである。金は無い。しかしながら「金を掴めるかもしれない所」に私は居た。それは何かというと「決裁者」が目の前にいるという事だ。後の営業が楽になるのは言うまでもない。

こんな話は稀な話だと思いがちだがこんなもんは誰にでも出来る。「痛み」を我慢するだけだ。最初は大勢の前で恥もかくし失敗して損するし怒られるし嫌われるしやっている時はかなりしんどい。というか痛い。ここで言う「痛み」とは責任の事である。痛いのが嫌ならやらなきゃ良い。その日暮らしで良いならそれで良いしアフィリエイトでシコシコやるのも良いだろう。私は嫌だった。

世の中で金を持っている人たちは皆、気が狂いそうな痛みに耐えている。それを顔に出さず、さも当たり前のような顔をして明日も笑っているのだ。サラリーマンもフリーランスも個人事業主も零細企業社長も関係ない。

「痛み」と「金」は両手に同じ重さだけ乗っている。