ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」

サボり方を知らない奴が多すぎる

ずっと100%で頑張ったら潰れるに決まってるじゃねーか。色んな事をやらなきゃいけないのは分かるが要領良くサボれよ。仕事で手を抜けと言ってるわけじゃない。やらなくて良い所で100%の力を使うなという意味だ。「僕はこんなに頑張ってるのに!」というタイプに多い。そんなに頑張らなくてよい。上から何を指示されていて自分が今何をやっていていつまでにどうなるかをちゃんと考えて進めればサボれる時間は絶対に出来る。メリとハリだ。ハリばっかやってるから疲れるんだよ。メリをしろよメリを。

しかしながら周囲を見ていると最近パイセンの方が要領良くサボれてない。だから後輩がサボれない。サボり方を教えて貰っていない。そういう私もパイセンはクソが多かったので当時はサボれていなかった。そりゃあもうしんどかったし辛かった。その時どうすればサボれるのかを考えた。そうだ。少しでも良いから決裁権限を貰おう。そこまでは休むことなく成果を上げる事だけ考えて仕事をした。そしてある程度の成果が認められると少しの決裁権が授与される。まぁそれぐらいだったらお前決めて良いよというアレである。

この辺から少し時間が出来る。管理される方から管理する方になる。ここだ。管理する側は別の仕事が増えるわけだが重要なのは「自分でスケジュールが組める」ということだ。もちろん与えられた仕事は最低限こなさなければいけないが「期限」さえ守れば問題ない。要はこの「期限」をちゃんと設定して会社に報告し、スケジュールを組んで予定すれば大体終わる。サボる時間を「作る」事が大事なのだ。ちゃんとサボっていれば多少の残業は自分の罪悪感で何とか消化することが出来る。私はサボりすぎで残業時間が多いタイプである。残業代?そんなもんいりやせんよ親ビン。へっへっへ

ハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリハリ!!!!!!!なんてやってると疲れるに決まってんだろ。

メリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリハリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリハリメリメリメリメリメリメリハリメリメリメリメリメリメリハリハリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリハリメリメリメリメリメリメリハリハリハリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリメリ!!!!!!!!ぐらいにしとけ。

頑張る「だけ」じゃ報われねぇ。今その仕事で「何を」「どこで」頑張るかが大事なんだよ。