ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

ぁけぉめこ`⊂∋З

久々の投稿なので明けましておめでとうをギャル文字変換したわけだが完全アウトを認識しながら一発目を迎えたいと思う。

去年後半から仕事が増え続けているので新しく出会う人と絡む機会がかなり多くなっている。新しい人ととの出会いというのは、あーどーもどーもだけではなく、新しい考え方や仕事の手法を目にするチャンスであり、刺激であるので嬉しい限りである。良い人との出会いというのは気付きが多いが、世の中良い人ばかりではない。嫌味を言う人、デリカシーの無い人、自慢ばかりする人、素直とバカを履き違えている人と様々である。それらの人達をどう交わすのかを書いていきたい。

私が思うに「あの人嫌だなぁ…」という自分の思いは自分自身の主観である。こっちが嫌なだけであって、相手は嫌味も自慢も普通なのだ。四六時中相手に嫌な事を言ってやろうと絶えず実行している人は少ない。それは自分と「合わない」だけであって、その「合わない」に対して感情の針をマイナスに振る必要は無い。相手は普通なのにこちらがマイナス感情で話をして噛み合うわけがない。相手もバカじゃないので「あれ?」と思うだろう。そこからはお互いの嫌なところを見つけながらの揚げ足とりで関係は悪化する。

対処法は簡単だ。「慣れ」である。苦手な人から逃げない。感情の針を絶えずフラットにする訓練。もっと言えば嫌な相手に感情の針をプラスに振ることが出来れば相手も自分の良いところを見てくれる。ゴマをする必要も平伏す必要も無い。周囲で嫌われている人間に「普通に接する」事が出来る、その立ち回りが有効なのだ。敵は少ない方が良い。

人間関係に勝ち負けなどない。居心地のいい場所に依存してしまうと人脈が偏る。無理に嫌な相手に絡む必要は無いが、長い会社生活を送っていると必ず「嫌な」キーマンがいるはずである。その時に感情の針を上手くコントロール出来れば、自分が出来る仕事の幅がかなり拡がる。

「我慢」や「慣れ」は必ず将来の自分の助けになる。

 

ちなみに私は完全に「不感症」及び「感情の針の故障」により、相手を激怒させる事が多々ある。皆は気を付けるように。