ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

コイツ気持ち悪りいなぁと思えば思うほど継続的に読んでしまう罠

これだという定義は無いが「うわぁ…気持ち悪りいなぁ…」と思うブログが一定数ある。そして「それ」を見つけてしまうともうダメだ。読んでしまうのだ。たまたま見かけたから「あ、アイツだ、読んでみようか」ではない。わざわざ検索して見に行ってしまう。そしてもう一度「うわぁ…気持ち悪りいなぁ…」を繰り返す。この感情は何なのだろうか。見なきゃ良いのにと自分ではちゃんと理解してはいる。しかし気になるのだ。アイツは今何を考え、何を言っているんだろう、あれ?更新まだだな、あ!更新されてる!うわあ!またそんな事言ってんの!?えええええええ!!!気持ち悪い…の繰り返し。これは一体何だ。病んでいるのではないかとたまに自分で心配になる。

この手の類のヲチ対象となる人物の条件は一つだけである。

 

必要以上に自分を大きく見せようとして失敗している人間

ネットでもリアルでもこういう奴は必ずいる。デカい風呂敷を広げる人間だ。虫唾が走る。能ある鷹なら爪を隠せ。貴様の魂胆は全て透けて見えるのだ。ゴキゲンな口調で虚勢を張っているのを目の当たりにするとサブイボが出る。身体中イボイボである。しかし、しかしである。見てしまうのだ。身体中がイボイボになるのを覚悟の上で見てしまう。どこだ。アイツはどこだ。今日は何と言ってるんだ。こういう奴は気分的に落ちている時や機嫌悪い時は全く面白くない。面白いのは機嫌がすこぶる良い時である。アゲアゲ。超アゲアゲ。全く効力のないオブラートを纏いながら自分の能力について語りだす。

 

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああたのしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 

もっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっとちょうだいもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっと言ってもっとちょうだいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 

教えてやろう。他人は思っているより自分に興味などない。

 

 


スキマスイッチ / 君の話