ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

広告を貼るのか貼らないのか

広告を貼るか否かついてチラホラ記事を目にするので書いてみる。私は広告を貼っている。そもそもブログを書くにあたり、はてなを選んだのは「広告が貼れるから」という理由に他ならない。インターネッツに詳しくない私にとって地獄だった。Google先生にやり方を聞きながら、アドセンスの申請やら貼る位置やら広告の種類やらを見て貼り付けた。最後らへんはもうめんどくさいボルテージがMAXであったため、ちゃんと貼れてるのかどうかすら分からない。まぁ、アドセンスのお金が反映されているから貼れてるんだろう。今となってはどうでもいい。では何故私は広告を貼り付けてブログを書こうと思ったのか。

 

私の文章は一体いくらなのか

理由はこれだけである。何でもやってみないと気がすまない私はこれが知りたいが為に広告ありきのブログを始めた。月に何10万と稼ぐブロガーがそこら中にいる中、どういう仕組みでどうやったらそんな事が出来るのかな?という疑問を自分でやってみようと思ったのだ。アフィリエイトに関しては今だによく分からん。というか多分興味が無いのだと思う。あればもっと勉強して色々やっているだろう。悲しいかなインターネッツの技術は私の頭の中に全く素直にインストールされない。

 

何故そんなに広告が毛嫌いされているのか

これがよく分からない。例えば私のブログの広告を誰かが踏んで「その誰かの口座の金が減る」とかだったらダメだと思うけど、んな事無いでしょ。一旦どっかのサイトに飛ぶだけでしょ?それもGoogle先生が認めてる広告のサイトに。じゃあ別に良いじゃんそれぐらいと思ってしまうのですよ私は。インターネッツ詳しい人からすると何も分かってないんでしょうけども。何でそんなに広告を嫌うのかが私にはサッパリ分からない。まぁ別に良いんだけど。

 

では私の記事は一体いくらなのか

大体1記事50〜100円。そんなもんです。これが私の文章の価格。もうこれが分かったから別に広告外しても良いんだけど、外し方もまたやり方分からないし超めんどくさいからそのままにしてます。広告を貼るのか貼らないのか。私は貼れば良いんじゃない?と思いますけどね。逆にダメな理由が浮かばない。詐欺とかそんなんじゃないでしょうに。何でそんなに嫌われてるのかが本当に分からん。

 

現場からは以上です。