読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

もしかしたら「カッコ良いもの」は我々クソジジィが知らない場所に沢山移動しているのでは

最近カッコ良い音楽って無いよなーなんて思いながら昔の音楽ばかり聴いている。私が若い頃というのはカッコ良い音楽は勝手に耳に入ってきた。それはテレビでありラジオであり誰かの車の中でありお店の有線だった。しかし今は全くそんなカッコ良いものは耳に入ってこない。カッコ良いもの。そんなものは人それぞれであって私がカッコ良いと思っても私以外の人がそう感じるかどうかは分からない。それでも昔は耳に入ってきた。「お!!!」と思う音楽が。今、巷で耳に入ってくる音楽は、何十回と聴いても覚えられないものばかりだ。初老のせいもあるかもな。

 

しかし少し前、YouTubeを流し見していたらこの動画が目に入った。

www.youtube.com

脳漿炸裂ガールだそうだ。見てみると鳥肌が立つほどカッコ良いなと思った。なんだコイツ等は。Google先生に聞いてみるとボーカロイドで作られた楽曲のカバーだそうだ。ボーカロイド?知らん。初音ミク?分からん。しかしこのバンドは原曲がどうのとか関係なしで一度聴いて素直にカッコ良いと思った。若そうなのに上手いし。そしてこのバンドを辿っていくとカッコ良い若い奴らで溢れていた。おぉぉぉ...。

 

カッコ良い奴らの活動する場所が移動している...

 

詳しくは知らない。もう私もオッサンなんだろう。時代についていけてない(笑) 多分プロデビューやテレビやラジオじゃないんだろう。考えてみたら私が若い頃に見てブッ飛んだカッコ良い人たちというのは本当にブッ飛んでいた。頭がオカしいレベルで。聖飢魔ⅡやらX JAPANTHE BLUE HEARTS電気グルーヴやらユニコーンやら。初見で「何じゃコイツら...」と思うような人たちばかりだった。そして私は年を取り「うおおお!!!すげえなコイツら!!!」と思うようなアーティストを見なくなった。いつも買っていたCDを買わなくなったのだ。

 

しかし私がただ単に疎いだけの話であってカッコ良い奴らは多分場所を変えてどこかに沢山いるんだ、と考えると少し楽しくなった。もっとキチ〇イじみたカッコ良い奴らの音楽が聴きたい。ロックなんてものは頭のおかしい奴らの音楽がカッコ良いんだ。非常識で暴力的で怒りとか悲しみとか全てをひっくるめたその人の中の狂気であり刹那的な生き方が音楽に表われる。そしてそういう人達の音楽を聴けば頭をバットでフルスイングされるような感覚があるよね。

 

バンドをする動機やスタンスなんて別にどうだって良いんだ。そういう頭のおかしな、ロックな人間が一たび音を出した時、私はその衝撃で頭の中が空になり、そして次の瞬間その音で頭の中がいっぱいになる。

 

何も知らずにどんどん老いていくことを考えれば、YouTubeって良いなぁと思った瞬間でした。

 

おわり