読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

悪口を言われても気にしないワケ

強がっているわけではありません。誰かが私の悪口を言って回っているとして、多分その人とは反りが合わないか私の事が気に入らないのでしょう。現実社会でよくある話です。それで私が大切に思っている人達が離れていくかもしれない。私はそういう時「しょうがねえな」と思うようにしています。理由は、私より「悪口を言っているその人を信じている」から。自身がその大切な人達と信頼関係が成り立っていなかったのだと諦めますよ。自分を信じてくれている人達は、そんな悪口を聞いてもちゃんと「そんな事はない」と言ってくれると思います。もしくは連絡をくれて理由を聞いてくれる。理由も聞かずに離れていく人は向こうも私を信用していないし私も真摯に向き合おうとしていなかったと。だからずっと残ってくれている方達には嘘をつかず真剣にお付き合いをさせて頂いております。

 

「信用第一」

 

この言葉はやはり重いのですよ。

 

おわり