ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

遺書

妻が私に言った。「〇〇さんの旦那さん、内緒でブログやってたらしいよ!別にブログでもTwitterでもやれば良いけど言ってくれたら良いのにね!って話してたの」私は、ふ〜んとその話を聞いていた。妻はこのブログを知らない。〇〇さんの旦那さんと同じである。その時私は何故妻にブログの事を言わないんだろうなぁと漠然と考えた。別に女性ブロガーの尻を追っかけ回している訳では無いし、下ネタ連発してゲへゲへ言いながらストレス発散しているわけでもない。ただ常々思っている事をメモのように書いているだけである。

一つだけ思う事があるのは「妻が見ている」と仮定するとこのブログの文章と内容が多少変わるんじゃないか。Facebookと同じように。知っている人間が読むとなると多分その仮面を私は被る。それが嫌だから私はFacebookをやらない。仮面を付けた文章など面白いのか。いや、違う。自分の言える部分だけをネットで知人に公開して何が面白いのか。匿名であるが故の、普段では公開しない部分を、匿名というゴミ袋を被って少しだけ出す。ここに来てくれる人達はそれを面白がって読んでくれているのだと思う。

ここでの思考は妻にはあまり見せない部分。仕事に対する考え方を書くことが多いので、実生活ではやはり妻にはこんな話はしないしこういう考え方をしている事を妻は知らない。だから私が死んでから読んで欲しいなぁなんて思うね。私は妻より10歳も年が上だ。どうやったって私が先に死ぬ。いや私が先に死なねばならぬ。だから私が死んだ時に妻が退屈しないように沢山更新しよう。くだらない冗談も愚痴も皆に賛同されないような仕事での考え方もここで書いている事に嘘はない。

見つけられなければそれはそれ。だから私はこれからも妻には言わずにこのブログを続けていくのだ。醜いデブでも、ハゲ散らかしても、豚足でも、ちゃんと悲しんで貰えるように私は精進していくつもりである。

 

死ぬ前にペイチャンネルの記事だけ消そう。うんそうしよう。