ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

互助会やら批判コメやらあれやこれや

まぁぶっちゃけ私もはてなを始めた頃は同じような事思ってましたし別に今こういう記事読んでもふーん程度しか思わないのであれなんですがブログを書きながらブクマをしながら私がフワァッと思ったことを書きますと古参の方々はインターネッツに対して「個」というものに割と重きを置いて考えてらっしゃるのではないかなどと思ってまして少し前に白クマさんが「一人で楽しんでる奴が少なくなった」と書いててあーなるほどなーなんて思ったのです。

「個」で楽しんでいる人達は「参考になります!」やら「共感しました!」などという相手に擦り寄る形でグループを形成しようとするのを目にするとそれだけで嫌悪感を抱き彼らがいつも見ていた「個」で形成されたトップページという黒板に「個」ではないパーリーピーポーがヒューヒュー言いながら集まり「個」ではないグループとして担がれた記事が黒板に上がっているだけで苛立ちが隠せない或いは相手が気分を害するであろう言葉をワザと選びながらブコメを投下する。

「個」である古参の方たちはやはり独特でブクマにしても「個」が「個」に対してコメントを投げかけていてそこにある種の馴れ合い的なコメントをあまり目にすることは無く「記事に対しての」自分の意見を同調若しくは反論意見としてちゃんと書いていて中には大喜利的なネタコメントを残していく(残していけ)という新参には全く理解できない暗黙のルール的なものがありそこを踏み外して黒板に分かりやすいグループ記事や空気を読まないブコメを書いてしまうと顔真っ赤っかにして怒られる。

彼らのスタンスはあくまで「独り」であの人はあの人と仲良いんだなーなんて思わせるはずもなくただただ誰か「個」が吐き出すものを「個」が見て「個」としての意見を投下するただそれだけの事を凄い数の「個」がどこかの同じ「個」を見てある「個」は必殺技をある「個」はお笑いをある「個」は理屈を吐き出しながらその「個」を「個」が見て楽しんでいるところにルール無視のパーリーピーポーが乱入して今まで慣れ親しんだその「空気」を掻き回しているようなイメージ。

彼らの言い分はただ単に「それ面白くない」だけであって面白いか面白くないかは個人の主観なのでどちらがどうとは思わないけど新参にも古参にも「面白いもの」は双方あると私は思っていて新参も「なんじゃいお前は!」とならずに悪態付いてくる憎きアイツのブックマークをフォローしてみると意外と他所では良い事言ってたりするからそこで「あれ?この人ちょっと面白いかも」なんて発見があるだろうし本当にヤバい奴は通報されてすぐにいなくなるんだから相手に興味を持つ事を始めたらどうか。

 

最初に書いたけどフワァッと思ったことをツラツラと書いただけなので読み難いし文章はあり得ないくらいに下手だけども書いてみた。最終的に私は古参やら新参についてはどっちでも良いし喧嘩は面白いからもっとやれとしか思っていない。古参であろうが新参であろうが仲良くなるのに理由なんて無いし私は拒否も擦り寄ったりもしない。

 

とりあえず今は腰が痛い。