ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

ブログなんて頑張ってもムダ

www.youtube.com

 

目立つブロガーさんのブログを読んでいて私はすごく温度差を感じるのですよ。何なのかなーなんてずっと思ってるんですが今日ショーケンの動画観ててふと思ったので書いていきましょう。ショーケン、ヤバいですねぇ。無茶苦茶です。これが素なのか演技なのかはあまり関係ないと思ってます。「嫌なら見んじゃねえよバーカへっへっへ」てなもんでしょう。しかしながらこれがショーケンの個性でこの個性を皆が見たがった。すげえ。カッコイイ。要は自分のスタイルをちゃんと理解してぶっ通す、そのスタイルすら破壊して新しいものを創り出す、でも次のそれはどこから見ても紛れもなくショーケン。誰もショーケンにはなれないしあんなの真似出来ない。この動画を観てて私が思ったのは、すげえ人って「発信」だけしてるよなーってこと。「返り」なんて気にしてない。ブログもそうだよなーなんて思ったのです。「ブログ飯」とか「アクセス」とか「PV」とか私はその辺よく分かんないですがそんな記事読んでると(読んでないけど)何か似たような人ばっかだなーなんて思ってまして。「返り」を期待してるのが見えるんですよねー。「継続」とか「テクニック」とか「検索ワード」やら「流入」やら言ってるじゃないですか。みんなどこ目指してんのかなーと。世の中には凄いブロガーが沢山いますけど、私は「なれる人はなれる」けど「なれない人はいくら頑張ってもなれない」と思ってます。月間30万~100万PVがゴールなんですかね?仮に「すごい頑張って」達成したとしてそこに何があるんだろ。私はそういう人達は「なれない」と思ってます。私が思う「なれる人」ってそんなの気にしなくても「なれる」んですよ。そして私は「なれない」。だからブログでは必要以上に頑張りません。あれ何なんでしょうねー。音楽と一緒で、上手いとか下手とかじゃないんですよね。私が思うに「魅力」がある。「魅力」はテクニックじゃ出せないですよ。あれをこうしたら良いとか検索がどうのじゃないと思います。私は別に月間100万回見て欲しいなんて思いませんねぇ。誰か一人でも読んでくれてたらそれで良いです。ふらっと思ったことを書く。テクニックとかそんなんじゃなくてね。書いてる事は近くの喫茶店で取引先と駄弁ってるのと変わりませんよ。このスタンスで「なる人」は「なる」。だから私は「なれない」。まぁでもこれでテクニックやら技術を使わなければ残るは「個性」と「魅力」なわけでしょ?それが私にあるのかどうかは知りませんが、それを少しでも感じてくれた人たちが読者の329人なんだと思っています。私は今まで通り、グダグダしてるオッサンの独り言ブログを、お役立ち情報なんて狙って書きませんよ。「あのオッサンまた何か言ってんのかな?」と立ち寄って貰えればそれで良し。私が「なれる」としたら、多分そういう人が集まっ「た」時だけだと思っています。でも考えてる事に変わりは無いですよ。

 

頑張ってもなれない。

 

おわり