ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ

phaさんが出演したザ・ノンフィクションを観て思ったこと(ニートの世界とパンクの世界)

私は10~20代後半までの殆どの時間をバンド活動に、20代後半~今までの時間をほぼ仕事に費やしてきた。懐事情で言うと、バンドをしていた頃はその日の500円にも困る生活、今は取引先と味も分からぬ懐石料理を食しながら悪だくみをするという変貌を遂げ、若い頃私が想像していた嫌な大人になってしまった。どちらが正解なのかは未だに私には分からない。しかしながら今この立ち位置でひょんな事からまたバンド活動が始まりまたその世界に足を踏み入れた。その当時見ていた世界から明らかに変化した私の「見え方」は色々考えさせられるなと思考を働かせていたら、この「ザ・ノンフィクション」が放映された。観ていない方で興味のある人はYouTubeに上がっているので勝手に検索して観て頂きたい。

そこにはphaさんをはじめとするニートと呼ばれる人達(実際出演されていた方達がニートなのかどうかは定義が不明なため私には分からない)の生活が淡々と映し出されていたわけだが、そこに集まる人達の「繋がりの強弱や属性」が、ハードコア・パンクの世界にかなり似ているな、と私は思った。見た目や印象は全くの正反対であるが、あの番組の出演者をパンクにしたとてよく知った私でも全く違和感がない。よく見る光景であり、よく聞く発言であり、私がよく見る笑顔であった。革ジャン・モヒカン・ドクターマーチン・スタッズ・タトゥー、そんなものはただのスタイルであり、ニートと呼ばれる人達もそれは同じなんだろうなと感じた。

 

やりたい事だけをやりながら生きていきたい

一番の共通点はここにある。もちろんパンクも飯を食う、音楽機材を買う、スタジオ代を捻出しないといけないから最低限の仕事はするが、それはパンクであり続けるためにする仕事であって優先順位は決して高くない。必要最小限のお金さえあればそれでいい。「お金」はそれほど重要なものではない。それよりも「やりたいこと」が彼等にはあって、そのやりたいことをただただ純粋にやり続ける。それは「お金儲け」でも「権力」でもない。やりたいことを仲間と共有し、酒を飲み、笑い合ってそしてただ生きる。それ以上でもそれ以下でもない。ある種空気のような価値観をお互いに強く繋がりとして持っている。

 

見えない壁が持つ閉塞感

中身を覗けば似ているなぁと思いながらも、双方が交わる事って無いのかなぁなどと思う今日この頃。この世に「絶対」などというものは無い、がしかし、全く正反対だと思っていたこの二つのジャンルが融合したとき、想像を絶する力となって同じ価値観同士の人達がもっと生きやすくなるんじゃないだろうかと妄想してしまう。それはビジネスとかそんな腐った考え方ではなく、損得勘定の無い共有という考え方で。お互いの偏見を捨てれば何か出来るんじゃなかろうかと。まずは見えない壁に小さな穴をあけてその穴から様々なジャンルの人達が行き来できる様に。

 

f:id:kopelani:20170626113035p:plain

それってやっぱり「その中」にどっぷりいる人達には出来ない事だから、たまたま両方を見ている人がコツコツと壁に穴をあけて「ちょっと面白そうだからあっち見に行こうぜ」と、壁の向こう側にいる「誰か」と共有出来ればこっち側では想像も出来ない面白いものが出来上がるんじゃないか、なんて事をこの番組を観て思った次第です。せっかく私がここにいるなら、壁の向こう側の人が私を見てくれているなら、近い将来ではなくとも、「お金」じゃない何かをお互い見ながらゲラゲラと笑い合う、そんな事が出来たら面白いよなーというお話でした。幸せの価値観なんて人それぞれだけど私は私のやり方で自分の幸せを感じたい。今までは仕事が9割だったけど、これを機に何が私の幸せなのかを考えていきたい。

 

おわり