ネバダ臭

クズが伸し上がる為の精神論をちょくちょく書いているクソブログ。口癖は「えー、そんなの別にどっちでも良いんじゃないの?」老害発言の説明文多し。

弱さが凶器(狂気)となる瞬間

f:id:kopelani:20170810015415p:plain

昔、といってもそれほど前ではないけど、松本人志高須光聖が「松本人志の放送室」というラジオをやっていて、好きでよく聞いていた。私はこの放送室での松本人志が一番好き。ものの考え方という点ではかなり参考にしてると自分で思う。あーなるほどなーとか、えーそれはないやろーとか思いながらいつも聞いていたように思う。気になる方はYouTubeにあるので聞いてみてくださいな。面白すぎて抜けられなくなるよ。そこで印象に残っている一つの言葉がある。「最弱が最強」という言葉である。捉え方が色々あるのでここでの詳しい説明は省く。色んな場面で私はこの言葉が浮かぶ。最近弱さを纏う人が多いなぁと思う事が多々ある。攻撃から自分を守る防御なんだろうけど。防御なんだろうけど、私が思うに、それは攻撃をしない人たちをも圧倒するというか何というか。普通に接する事すら拒否されているような錯覚に陥る。本人はそうでは無いんだろうけど。「弱さ」を前に置いた時点で、私は一度考えてから言葉を発するようになってしまうのだ。それで良いなら私はそれで構わない。しかしながらその弱さが最弱になり、そして最強となった時、私はその人の事をつぶさに観察するのだ。はたしてこの人は最強になっている事を自分で分かっているんだろうか。あなたの攻撃力は今MAXだ。何かを発言するたびに皆振り返る。触れるとすぐに壊れてしまう弱さと辺りを全て焼き尽くすような攻撃力を併せ持つあなたはこれからどうなっていくんだろうか。寂しい寂しいと嘆くあなたに話しかけると、想像以上に減ってゆく私のHP。あなたの寂しさの原因は分かってるんだ。あなたはいつもそうやって自分でこれがダメだあれがダメだと言っているがそうじゃない。前に置いてあるその弱さを少しどけてくれないか。少し痛いかもしれないが、頃合いを見て言うよ。「なんでやねへん!」と。こんなツッコミすら出来ないんだ。友達が出来ないと嘆く前に、その鎧をちょっと横に置いてくれないか。私も痛いんだ。

 

なんて事を今日思いました。